無職借入

未成年・二十歳未満の借入れについて

お金が必要になるのは、なにも成人だけではありません。未成年、二十歳未満の人でもお金が必要になることもあります。実際、二十歳未満でもお金を借りることができるか、というと条件によっては可能です。ただし、その場合でも十八歳以上ということになります。わかりやすく言うと、十八歳以上であれば、条件次第ではお金を借りることができるのです。

その条件というのは、まず法定代理人(両親)の同意がなければいけません。そのため十八歳以上で、親の同意があれば成人と同じようにお金を借りることができるのです。とはいっても、収入がなければ審査は通りませんから、無職の未成年は審査が通ることはまずないでしょう。大学に通っているならば、学生ローンなどを借りることができます。

ただ、最近の金融機関では審査が通りやすい消費者金融ですら二十歳以上が借り入れの条件となっているところが多いので、実際は借りられるところは限られてしまいます。もしも、親の同意もないまま、金融機関などで十八歳でお金を融資した場合、契約を取り消すことができるのです。

契約を取り消すというのは、借りたお金を返済してなかったことにする、ということではなく、借りたお金の中で今ある残金だけを返還して終わりとなるのです。もしも20万円借りて、それを15万円使ってしまったという場合には、残りの5万円だけ返せばいいという訳です。このように法律で未成年を保護しているのです。

ただ、その未成年の人が「親から同意をもらった」といい、親のハンコを勝手に持ち出してきて同意書を書いてしまえば、適用されません。これはお金を借りる時点で詐欺にあたりますので、全額返済しなければいけません。未成年者というと二十歳未満というのが当たり前と思いますが、実は二十歳未満でも結婚していれば法律上成年に達したとみなされます。そのため、親の同意がなくてもお金を借りられますし、未成年の契約無効にはならないのでしっかり頭に入れておきましょう。