無職借入

主婦の審査

仕事をしていない主婦でも、主婦仲間と旅行に出かけたり、欲しいものを買ったりとお金が急に必要になることもあります。そんな時にへそくりでもあればいいですが、それもない人は夫にお金を出してもらうことになるでしょう。ですが、使用目的によっては、なかなか旦那さんに言えない、ということもあるでしょう。そんな時にはお金を借りるという方法があります。

ですが、主婦の場合、自分の収入がないですから、返済する能力がありません。ですが家計を預かっていれば、節約をして1ヶ月1万円位捻出するのはできるでしょうし、自分のお小遣いから返済することも可能でしょう。一昔前までなら、主婦はお金を借りることはできませんでした。ですが、最近では『主婦でもOK』という金融機関が増えてきています。もちろん、返済能力がなければ審査が通りませんが、審査で返済する能力があるとみなされた場合には、専業主婦でも審査が通ることもあります。

主婦でも審査が通る条件として、夫の職業や収入を記入することです。自分は働いていなくても生計を共にする夫の収入がしっかりあれば、返済する事は出来るとみなされ審査が通る可能性があるのです。ですが、最近では子供ができてから離婚をする女性も多く、旦那さんがいないというケースもあるでしょう。その場合には審査が通らない可能性が高いのです。

また、主婦といっても最近は家計を助けるために、在宅ワークや内職をする人も増えてきています。その場合、名目上は専業主婦でも、しっかりと収入を得ていますから、返済能力があります。その場合、在宅ワークや内職であってもアルバイトには違いありませんから、審査が通る可能性があります。夫の収入が低くても、生活費などは旦夫の給料でまかない、奥さんの在宅ワークや内職などのアルバイト収入は、そのまま返済に回すこともできるため、審査が通りやすいかもしれません。

このように、主婦でも審査が通りやすい時代になってきていますが、しっかりとした返済予定を立てていないと、夫婦間の仲が悪くなり、家庭崩壊ともなりかねません。まずはお金を借りることよりも、夫に相談することが第一でしょう。