無職借入

契約・派遣社員の審査

金融機関からお金を借りる場合、しっかりと収入があるかどうかが重要になります。ただ、仕事をしていればいいというわけではなく、そこにはどんな雇用形態であるのかということも重要です。たとえば正社員なら、いくら不景気でリストラの可能性はあるとしても、まずはアルバイトやパート、派遣社員などを最初にクビにし、そしていよいよとなれば正社員でもリストラされてしまいます。

もしも、仕事の雇用形態が正社員ではなく契約社員や派遣社員になっている場合は審査は通らないのでしょうか?実際はそういうことはありません。もちろん正社員でなくてもしっかり働いて収入を得ているのであれば、たとえ契約社員や派遣社員であっても審査が通りやすいです。ただ、契約・派遣社員は、一定の期間を経過し、契約が切れればそこで仕事は一度退職ということになります。そしてもしも、次の仕事が見つからないと、無職となり、さらに融資は不可能になるでしょう。

ただ、派遣社員は仕事をしていなくても、無職の人よりは審査が甘い傾向にあります。そのため、あまり働く気がなければ、登録だけしておいて働かないという方法もあります。ただ、借りたものを返すのは当然ですから、必要以上の借金はしないことです。あくまで、契約社員・派遣社員は、その期間だけしか働くことができません。

そのため、もし融資してもらうとしたら、返済は契約期間内だけで完済することがの望ましいでしょう。その場合、仕事をしっかりこなしていれば、派遣社員契約の終了とともに、正社員と働くことは可能です。正社員になってしまえば、クビになるリスクは減り、さらに多くの融資を得ることができます。

契約・派遣社員が審査を受ける際のポイントとしては、どれだけ勤めたのかというのも重要なポイントです。また、契約終了前にクビになったり、自分で辞めたりするケースが多くあったりすると、金融機関側は信用度が欠けるとして審査を通さないことも多いのです。