無職借入

消費者金融で借入履歴があると、住宅ローンの審査に落ちる?

マイホームを持つというのは多くの人の夢ではないでしょうか?一戸建てを購入または建てる、マンションを購入する場合、なかには一括で支払うという人もいますが、ほとんどの人は住宅ローンを組んで何十年もかけてコツコツ支払っていくことでしょう。住宅ローンを組む場合、必ず審査があり、それが通らない限り金融機関からお金を融資してもらえませんし、マイホームも持てないということになります。

審査の条件として、他に借入金がないか、あるとしたらどれくらいで月々どれくらいの返済になるのか、というのも大切なポイントです。住宅ローンを組み返済していけるだけの収入があっても、他のローン返済もあれば、審査が通らない場合もあります。ですが、借金は全部完済したのに、審査が通らない場合があります。

それは、消費者金融からの借り入れ履歴がある場合です。しっかり滞納もなく完済したとしても、消費者金融から借りたという履歴があると、融資を断られることもあります。じゃあ、一度でも消費者金融から借りたら一生住宅ローンが利用できないのか、というと、そういうわけではありません。消費者金融を利用した履歴は完済してから最大5年経過すれば消えるのです。ですので、完済からせめて5年経過すれば住宅ローンの審査が通る可能性はでてきます。

ただ、5年経過していなければ100%審査が通らない、というわけでもないのです。そこの判断は、最終的に住宅ローンを組む金融機関の判断になります。5年経過して信用情報機関にある消費者金融からの利用履歴が消滅しなければダメなところもあれば、完済していればOKという金融機関もあります。

また、完済していても、返済が滞って事故登録されていればダメ、というところもあります。また、5年経過していても、消費者金融のカードを解約せずに持ち、いつでも使える状態になっていれば審査が通らない、という金融機関もあります。そのため、もし、住宅ローンを組む予定のある人は消費者金融からお金を借りない、どうしようもなくて借りた場合は早く完済して契約も解除し、カードも使えないようにすることです。

もし現在、返済中なら、銀行系に借換えるか、複数件の借入があるなら1件にまとめると審査に通るかもしれません。