無職借入

銀行カードローンのメリットとデメリット

キャッシングをする場合の用語として、「銀行系カードローン」というような言葉を耳にするかと思います。銀行系とは、その名の通り銀行系列のカードローンということになります。たとえば、テレビCMなどでも有名なカードローンで、アコム、プロミス、モビットなどがありますが、実はこれらも銀行系カードローンなのです。

「消費者金融じゃないの?」と思う人がいるかもしれませんが、それも合っています。実はこれらは銀行系消費者金融ということになるのです。細かく分けると、銀行が消費者金融の子会社を設立したケースと、銀行と消費者金融が共同出資して作った子会社というケースに分けられます。どちらにせよ銀行が絡んでいることに間違いありません。上記のカードローンでいえば、アコムは三菱UFJファイナンシャルグループ、SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、となっているのです。

銀行系のメリットとしては、やはりバックが銀行ですから、安心して借りることができます。聞いたこともないような消費者金融だと、悪徳金融、闇金の可能性もあるのです。そして、金利も信販系や消費者金融系と比べると低めに設定されています。そのため、利息が少ないのでその点でも安心でしょう。たとえ1%でも100万円借りれば1年間で利息が1万円も違ってくるのです。

ただ、銀行系カードローンと銀行カードローンの違いがあります。銀行カードローンは、その名のとおり銀行が運営していますが、銀行系は実際は消費者金融です。そのため銀行カードローンは総量規制対象外ですが、銀行系カードローンは総量規制に対象になり、年収の3分の1までしか借りられません。

一見デメリットにも思えますが、借り過ぎてカード破産になるのを防ぐという意味では、銀行系カードローンが総量規制の対象になるということはメリットになるかも知れませんね。ちなみに、アコムやプロミスなどと同じように思われますが、レイクは新生銀行カードローンであり、銀行系ではなく銀行カードローンになるのです。