無職でも借りられる金融

「どうしてもお金が必要!でも無職…」

無職でも、配偶者に安定した収入があれば銀行カードローンで借入できるんです。専業主婦は無職ではなく、家を守る立派なお仕事なんですけどね。銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低く、無職の専業主婦やフリーターの方におすすめできるんです。

フリーターは厳密にいえば無職ではありません。アルバイトによる安定した収入があれば、銀行カードローンで借入ができます。なので「自分はフリーターだけど無職みたいなもんだからカードローンでは借りられないんだろうなぁ…」と心配する必要はありません!

転職のため一時的に定職に就かず、いくつかのアルバイトを掛け持ちしている方も無職ではありません。本当の無職はホームレス、実家でニート、生活保護のうちどれかですね。社会的には働いて税金を納めていない人たちです。年金生活者は無職ですが、年金から税金が引かれているのでここには含みません。

無職でも借りられる金融の一覧

カードローンの中で一番通りやすいのはここ!

オススメ
金利 4.6~14.6%
限度額 500万円
収入証明書 100万円まで不要
  • 保証会社のアコムが審査をしているので通りやすい!
  • 専業主婦でも30万円まで借入OK
  • 最短即日利用可能!
公式サイトを見る

主婦でも家族に内緒で借りられます!

オススメ
金利 4.5~18.0%
限度額 500万円
収入証明書 100万円まで不要
  • 専業主婦でも30万円まで借入OK
  • 5万円まで180日間無利息か全額30日間無利息が選べる!
  • セブン銀行の借入・返済が手数料無料!
公式サイトを見る

無職の専業主婦でも50万円までOK!

オススメ
金利 4.0~14.5%
限度額 10~500万円
収入証明書 300万円まで不要
  • 銀行ならではの低金利
  • 主婦・アルバイトでも申し込みOK!
  • 月々の返済は2千円からOK!

仮審査お申込み可能対象地域:全国OK!

公式サイトを見る

無職の専業主婦でも30万円までOK!


オススメ
金利 4.5~14.5%
限度額 10~500万円
収入証明書 300万円まで不要
  • 銀行ならではの低金利
  • 主婦・アルバイトでも申し込みOK!
  • 月々の返済は2千円からOK!

仮審査お申込み可能対象地域:全国OK!

公式サイトを見る

貸付実績・審査通過に定評があります!

オススメ
金利 4.7~18.0%
限度額 500万円
収入証明書 100万円まで不要
  • はじめての方は30日間金利0円!
  • ネットで24時間借入・返済可能!
  • 最短30分で審査回答!即日振込も可能
 公式サイトを見る

無職の人のお金事情

無職の人って、毎日何してるのか気になります。だって仕事してないんでしょ?そうすると収入がないワケで。となると、貯金を食い潰すか生活保護か、ニートか、はたまた無職だけど資産家だから毎月家賃収入が入って来るか。

無職 キャッシング希望する人は多いと思うんですが、返すアテがないのに借りようとしているのかなぁ?それともお金を借りて、その場をつないでからバイトを探したりするのかなぁ?どちらにしてもお金が必要なのは分かりますが。

無職 融資なんかもキャッシングと同じ。融資してもらってビジネスを立ち上げるんだ!という無職の人もいるかもしれませんが、それは特殊な人でしょうね。カードローン 審査 緩い 無職なんて調べる人の方が圧倒的に多いってワケ。しかし無職 ローンの需要は尽きないんだなぁ。ここに闇金融が入り込んでいまだに高金利で貸し付けているので、絶対に借りてはいけません!

無職 お金を借りるには、上でも説明しましたが、アルバイトをしていればOKです。もしくは配偶者に安定した収入があればOK。フリーターは無職ではないので大丈夫。専業主婦も夫がキチンと稼いできてくれますよね。

無職でも借金のある人は多いと思います。ここがジレンマで、もっと借金して助かりたい反面、借金を全部返してスッキリしたいという気持ちもあり。だから無職でも借りれる金融業者なんてググるんだろうなぁ、みんな。だから無職でお金を借りる方法をここに書いておきました。そう!無職でも借りれるんです!無職でも借りれる金融があるってこと。

無職 カードローンは銀行カードローンがおすすめなのは前記しましたが、消費者金融は銀行よりも金利が高いのであまりおすすめできません。そのため、無職 消費者金融の紹介はここではするかしないか考え中。むしろ無職 借入とか無職 お金 借りるとかで調べることをおすすめします。なぜか。銀行カードローンがたくさんヒットするからなんです。

無職の審査

お金を借りるということは、当然返済をしなければいけません。返済をするにはやはり一定の収入がなければいけません。ということは、仕事をしておらず収入もない人は返済能力がないのですから、審査が通るわけはありません。では、無職の人が絶対に審査が通らないのかというと実際はそういう訳ではありません。

もちろん一般的な融資であれば、おそらく審査は通らないでしょう。ですが、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠であれば審査が比較的甘いので通る可能性はあります。その審査には無職は絶対だめとは書いていないのです。もちろん、審査の段階で『収入がゼロ』と記載すれば、審査は通らないでしょう。そのため、前述のように収入がまったくない人は返済できないですから、当たり前です。ですが、無職イコール収入がないとは限らないのです。

無職といっても、何かで生活をしていることでしょう。実家で親からの小遣いで生活している(食費、税金等は親が支払っている)、生活保護をもらっているのでは無理ですが、最近では在宅ワークでお金を得ている人もいます。またインターネットで売買をして収入を得ている人もいるでしょう(ネットショップを運営すれば個人事業主になりますが)。そういった収入があれば、毎月1~2万円の返済も可能になるでしょう。そんな時にはしっかり収入を記載すれば審査が通る事はあります。

実際、カードローンを審査してもらう場合、50万円以内の限度額なら、収入証明書は必要ありません。そのため、その収入がどんな仕事をしての収入であるのかは詳しく審査されません。自営と記入すれば問題がないのです。もちろん、働いていないのに偽って記入しても審査が通ることもあるかもしれませんが、それでもバレた時にトラブルのもとですから、正直に記載しましょう。 また、職業では、働いていなくても派遣会社に登録するだけで、派遣社員とみなされます。そのため、派遣会社に登録だけしておいて、職業欄に派遣社員と記入すれば無職でも審査が通りやすくなるのです。

パート・アルバイトの審査

不景気が続く昨今、なかなか正社員で雇用されることも少なく、次に正社員として就職できるまでアルバイトで生活をするという人もいるでしょう。また旦那さんの給料だけでは生活が苦しいので、奥さんがパートに出かけるというケースも少なくないでしょう。実際、パートであろうとアルバイトであろうと安定した職業とは到底思えません。

しかも不景気の昨今、その勤めていた会社が人員削減に着手する際に、どうしてもまず最初にパートやアルバイトの人を解雇にしていきます。 そのため、すぐに無職となってしまう可能性があるのです。無職になれば審査が通りにくくなります。

では、パートやアルバイトは審査が通らないか、というとそういう訳ではありません。たしかに、一般的な銀行などの金利の低い融資であれば、パートやアルバイトでは審査が通らない可能性が高いです。おそらく仮審査の段階で不可となることが多いでしょう。ですが、金利は高くなりますが、カードローンなどの審査であれば通る可能性はあります。よく「パート・アルバイトでもOK」という広告を目にするかと思いますが、その通り、そういう人でも審査が通るのです。

不景気が続く昨今、正社員雇用は少なくなり、派遣社員やアルバイトで生活をしている人が増えていますから、さらにその傾向があります。 パートやアルバイトでもOKとはいいましたが、それも収入や経歴、家族構成にもよるでしょう。1ヶ月に10日前後しか働いておらず、収入も2~3万円程度であれば厳しい状態でしょう。また、アルバイト収入が一般的にあっても、配偶者や子供がおり、それらを養っていかなければいけないとなれば、返済に回す能力が不足していると判断されることもあるでしょう。

正社員であれば、それでも何とかなりますが、クビになる可能性のあるアルバイトでは、審査が通りにくくなるのです。また、仕事を頻繁に変えているようであれば審査が取りにくいでしょう。とはいえ、50万円以下の借り入れでえあれば、収入証明書も必要ありませんし、細かな家族構成なども審査されない事が多いですから、しっかりと収入さえあれば審査が通るかもしれません。

どうしても返済できなくなった場合の対処法

お金を借りるということは、その時には十分なお金がないからにほかなりません。住宅ローンや自動車ローンであれば、それほど金利も高くないですからいいですし、利用目的がしっかりしています。ですが生活費がない、事業の運転資金がないというような状態ではお金を借りても苦しい状態に変わりはありません。むしろ毎月の返済額が多くなるのでさらに厳しい状態になるでしょう。

もしも、返済ができなくなった場合にはどのようにしたらいいのでしょうか?ひとによっては、請求があるまで滞納して、返済できる時にだけ返済しようと思っている人もいるでしょう。ですがそれだとどんどん滞納が多くなり、場合によっては信用情報機関に事故情報として登録されてしまうかもしれません。

そうなると、どこからも融資を受けるのが難しくなります。そしてしまいには借りるところが無くなりヤミ金などに手を出してしまうというのがオチです。また、返済しようと他の消費者金融などから融資を受ければさらに負債額が増え、最終的には同じようにヤミ金に手を出し自己破産か自殺に追い込まれてしまいます。

では、どうしても返済できなくなった場合にはどうしたらいいのでしょうか?まずは、返済が遅れてしまう金融機関に相談することをお勧めします。ヤミ金などの悪徳金融機関でなければ親身になって相談にのってくれるでしょう。金融機関でも一番恐れているのは返済が遅れることではなく、自己破産をされてしまうことです。少々返済を待つ事でそれを防ぐことができるのであれば、きっと対処してくれるでしょう。

ただし、その場合にも利息分はしっかり払わなければいけなくなるでしょう。利息を支払って、期間を長くしてもらうのです。また、可能であれば借り換えや借金を一本化することで月々の返済額を少なくすることもできるでしょう。滞納したり他のローンを組んだりする前に、まずはその金融機関に一報入れましょう。対処策は見つからなくても、返済する意思があることを伝えることでも効果はあります。

ブラックリストに載ると何年で消えるのか

ブラックリスト、いわゆる信用情報機関に事故情報として登録されてしまうと、自分の信用が悪くなり、お金を借りるのが困難になります。じゃあ、それは一生付きまとってしまい、ずっとお金を借りることができないのか、というと、そういうわけではありません。信用情報機関の事故情報はある程度の期間が経過すると、その情報は消えるのです。

そのため、その期間が過ぎれば、ほぼ正常に戻ります。その事故情報の時効は、事故情報として登録された内容にもよります。基本的によくあることですが、ローンを組んでいて返済の延滞があり、3ヶ月間も返済しなかった場合に事故となり登録されます。この場合、事故登録をされた日から5年間は記録が残されています。そのため、5年間はお金を借りるのも困難になります。またその間に、また返済遅れなどで事故登録されてしまえば、さらにそこから5年間は載っているということになります。

事故登録されてしまうこととしては、自己破産などの債務処理をおこなっても登録されてしまいます。この場合の情報登録の時効は内容により、7~10年はブラックリストから消えることはないのです。裏を返せば、たとえブラックリストに載ってしまっても、10年経過すればほぼ正常に戻り、お金を借りるのに問題ないのです。

とはいえ、100%正常に戻り、しっかり返済していた人と同じ扱いになるのか、というとそうもいかない場合もあるのです。それは融資を受ける金融商品や金融機関によって異なります。期間が過ぎればまったく問題なく審査してもらえるところもあれば、一度事故登録されていれば、一生お金を融資してくれないという金融機関もあるのです。

特に融資金額の大きな住宅ローンなどの場合に貸してくれないということもあるようです。とはいえ、その金融機関で断られてしまっても、他の金融機関では審査が通る可能性の方がありますから、時効が過ぎてしまえば、それほど心配する必要はないでしょう。


カードローンの選び方
銀行カードローンのメリットとデメリット
消費者金融で借入履歴があると、住宅ローンの審査に落ちる?
カードローンで借りるメリットとデメリット
返済を延滞してしまった場合
契約・派遣社員の審査
主婦の審査
未成年・二十歳未満の借入れについて
障がい者の審査
無職のときの辛い体験談01
無職のときの辛い体験談02
無職のときの辛い体験談03
無職のときの辛い体験談04
無職のときの辛い体験談05