無職借り入れは不可

ひとつ言っておきます。アルバイト・フリーターは無職には入りません。中国ウィルスのお陰で景気が悪いですが、コンビニや配送業など人手不足の業界もあります。無職はダサイんで人手不足の業界に飛び込んで安定した収入を得るのは難しくありません。それでもお金が足りないなら、以下のカードローンがおすすめ。

パート・アルバイトでも借入可能
王道カードローン一覧

無職でもOKはこちら

グランドスラム
必ず見つかるキャッシングの無料案内所。例えどんな状況でも「確実に借りられる所」を必ず見つけて、紹介できます。キャッシングの審査に通らない属性でも個人情報を入力する必要がなく、安心して申し込めます。

マネーフォワード
消費者金融では「審査が通らない」でも、どうしても今スグ「お金が必要」。多重債務や過去の自己破産、任意整理歴、過払いの請求、長期延滞のような「ブラック」でも貸してくれる会社や、個人を探している方へ。

フクトク相互サービス
すぐにお金が必要な方、 貴方にピッタリの店舗がきっと見つかります。総量規制でもお金が借りたい時、総量規制対象外のお店をご紹介。

マネークリップ
お金にお困りの方に、メールでキャッシング問題を相談頂けるサイトです。ご利用料や手数料などかかりませんので、安心してご利用下さい。

融資のご相談
まずは無料審査をご利用ください。

モバイルターミナル
消費者金融業者へキャッシング申込みをする前に、審査項目を入力して頂くだけで、あなたにキャッシング・ご融資が可能な業者があるかどうかを事前審査するサイトです。

キャッシュエブリィ
キャッシング申込みをする前に、審査項目を入力して頂くだけで、キャッシング・融資が可能な業者があるかを事前審査するサイトです。

無職でも借り入れできる金融はあります

無職でも、配偶者に安定した収入があれば銀行カードローンで借り入れできるんです。専業主婦は無職ではなく、家を守る立派なお仕事なんですけどね。銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低く、無職の専業主婦やフリーターの方におすすめできるんです。

フリーターは厳密にいえば無職ではありません。アルバイトによる安定した収入があれば、銀行カードローンで借り入れができます。なので「自分はフリーターだけど無職みたいなもんだからカードローンでは借りられないんだろうなぁ…」と心配する必要はありません!

転職のため一時的に定職に就かず、いくつかのアルバイトを掛け持ちしている方も無職ではありません。本当の無職はホームレス、実家でニート、生活保護のうちどれかですね。社会的には働いて税金を納めていない人たちです。年金生活者は無職ですが、年金から税金が引かれているのでここには含みません。

無職の借り入れは果たして可能なのか…?

無職だけれどお金を借りたい。無職なのに、そんなことが可能なのか。無職でもお金を借りたら返さないといけないので、どこかに収入源がなくてはいけません。全くの無職でも収入があるといえば、

1.会社を辞めて失業保険で食いつないでいる。
2.派遣会社に登録したものの、仕事がない。
3.失業保険以外の何らかの保険金で生活している。
4.夫が働いており、自分は専業主婦。
5.フリーターだけど、無職だと思っている。
6.年金で生活している。
7.資産家である。(←そもそも借り入れは必要ない)

といったところでしょうか。ここで紹介するのは4.夫が働いており、自分は専業主婦の方、5.フリーターだけど、無職だと思っている方に最適なカードローンです。このサイトにアクセスしているということは、少なくともホームレスではないということだと思います。専業主婦やフリーターの方でしたら自信をもって申込みできるところだけを厳選しています。

夫の会社に電話連絡は行かない?

専業主婦の方なら、夫の収入が頼りですよね。各カードローン会社の申込みフォームには、どれも夫(配偶者)の勤務先情報を記入する欄があります。しかし、どのカードローンも配偶者の勤務先の電話番号を記入する欄はありませんし、会社名さえ記入する必要がないカードローンもあります。その代わり借りられる限度額は低いですが、配偶者にバレずに借り入れできるということです。「夫(配偶者)の会社に電話連絡ある?」というスレの口コミがありますが、「ない」がここでの答えですね。

無職はいくらまで借りられるか

無職の方の借り入れれ条件はカードローンごとに異なりますが、上限30万円~50万円のところがほとんどです。無職で30万円も借り入れれできたら上等、大助かりですよね。しかし、最初から上限額いっぱいの借り入れれはほぼ無理なので、最初は数万円程度の申込みにしておき、後で増額すればいいですね。最初の借り入れれから数日たったら「増額できます」という営業の電話がかかって来るので、そのときがチャンスです。ご利用は計画的に。といっても、計画的に利用できたら借り入れれなんてしないっつーの。

無職の人のお金事情

無職の人って、毎日何してるのか気になります。だって仕事してないんでしょ?そうすると収入がないワケで。となると、貯金を食い潰すか生活保護か、ニートか、はたまた無職だけど資産家だから毎月家賃収入が入って来るか。

無職 キャッシング希望する人は多いと思うんですが、返すアテがないのに借りようとしているのかなぁ?それともお金を借りて、その場をつないでからバイトを探したりするのかなぁ?どちらにしてもお金が必要なのは分かりますが。

無職 融資なんかもキャッシングと同じ。融資してもらってビジネスを立ち上げるんだ!という無職の人もいるかもしれませんが、それは特殊な人でしょうね。カードローン 審査 緩い 無職なんて調べる人の方が圧倒的に多いってワケ。しかし無職 ローンの需要は尽きないんだなぁ。ここに闇金融が入り込んでいまだに高金利で貸し付けているので、絶対に借りてはいけません!

無職 お金を借りるには、上でも説明しましたが、アルバイトをしていればOKです。もしくは配偶者に安定した収入があればOK。フリーターは無職ではないので大丈夫。専業主婦も夫がキチンと稼いできてくれますよね。

無職でも借金のある人は多いと思います。ここがジレンマで、もっと借金して助かりたい反面、借金を全部返してスッキリしたいという気持ちもあり。だから無職でも借りれる金融業者なんてググるんだろうなぁ、みんな。だから無職でお金を借りる方法をここに書いておきました。そう!無職でも借りれるんです!無職でも借りれる金融があるってこと。

無職 カードローンは銀行カードローンがおすすめなのは前記しましたが、消費者金融は銀行よりも金利が高いのであまりおすすめできません。そのため、無職 消費者金融の紹介はここではするかしないか考え中。むしろ無職 借り入れとか無職 お金 借りるとかで調べることをおすすめします。なぜか。銀行カードローンがたくさんヒットするからなんです。

無職の審査

お金を借りるということは、当然返済をしなければいけません。返済をするにはやはり一定の収入がなければいけません。ということは、仕事をしておらず収入もない人は返済能力がないのですから、審査が通るわけはありません。では、無職の人が絶対に審査が通らないのかというと実際はそういう訳ではありません。

もちろん一般的な融資であれば、おそらく審査は通らないでしょう。ですが、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠であれば審査が比較的甘いので通る可能性はあります。その審査には無職は絶対だめとは書いていないのです。もちろん、審査の段階で『収入がゼロ』と記載すれば、審査は通らないでしょう。そのため、前述のように収入がまったくない人は返済できないですから、当たり前です。ですが、無職イコール収入がないとは限らないのです。

無職といっても、何かで生活をしていることでしょう。実家で親からの小遣いで生活している(食費、税金等は親が支払っている)、生活保護をもらっているのでは無理ですが、最近では在宅ワークでお金を得ている人もいます。またインターネットで売買をして収入を得ている人もいるでしょう(ネットショップを運営すれば個人事業主になりますが)。そういった収入があれば、毎月1~2万円の返済も可能になるでしょう。そんな時にはしっかり収入を記載すれば審査が通る事はあります。

実際、カードローンを審査してもらう場合、50万円以内の限度額なら、収入証明書は必要ありません。そのため、その収入がどんな仕事をしての収入であるのかは詳しく審査されません。自営と記入すれば問題がないのです。もちろん、働いていないのに偽って記入しても審査が通ることもあるかもしれませんが、それでもバレた時にトラブルのもとですから、正直に記載しましょう。 また、職業では、働いていなくても派遣会社に登録するだけで、派遣社員とみなされます。そのため、派遣会社に登録だけしておいて、職業欄に派遣社員と記入すれば無職でも審査が通りやすくなるのです。

パート・アルバイトの審査

不景気が続く昨今、なかなか正社員で雇用されることも少なく、次に正社員として就職できるまでアルバイトで生活をするという人もいるでしょう。また旦那さんの給料だけでは生活が苦しいので、奥さんがパートに出かけるというケースも少なくないでしょう。実際、パートであろうとアルバイトであろうと安定した職業とは到底思えません。

しかも不景気の昨今、その勤めていた会社が人員削減に着手する際に、どうしてもまず最初にパートやアルバイトの人を解雇にしていきます。 そのため、すぐに無職となってしまう可能性があるのです。無職になれば審査が通りにくくなります。

では、パートやアルバイトは審査が通らないか、というとそういう訳ではありません。たしかに、一般的な銀行などの金利の低い融資であれば、パートやアルバイトでは審査が通らない可能性が高いです。おそらく仮審査の段階で不可となることが多いでしょう。ですが、金利は高くなりますが、カードローンなどの審査であれば通る可能性はあります。よく「パート・アルバイトでもOK」という広告を目にするかと思いますが、その通り、そういう人でも審査が通るのです。

不景気が続く昨今、正社員雇用は少なくなり、派遣社員やアルバイトで生活をしている人が増えていますから、さらにその傾向があります。 パートやアルバイトでもOKとはいいましたが、それも収入や経歴、家族構成にもよるでしょう。1ヶ月に10日前後しか働いておらず、収入も2~3万円程度であれば厳しい状態でしょう。また、アルバイト収入が一般的にあっても、配偶者や子供がおり、それらを養っていかなければいけないとなれば、返済に回す能力が不足していると判断されることもあるでしょう。

正社員であれば、それでも何とかなりますが、クビになる可能性のあるアルバイトでは、審査が通りにくくなるのです。また、仕事を頻繁に変えているようであれば審査が取りにくいでしょう。とはいえ、50万円以下の借り入れでえあれば、収入証明書も必要ありませんし、細かな家族構成なども審査されない事が多いですから、しっかりと収入さえあれば審査が通るかもしれません。

どうしても返済できなくなった場合の対処法

お金を借りるということは、その時には十分なお金がないからにほかなりません。住宅ローンや自動車ローンであれば、それほど金利も高くないですからいいですし、利用目的がしっかりしています。ですが生活費がない、事業の運転資金がないというような状態ではお金を借りても苦しい状態に変わりはありません。むしろ毎月の返済額が多くなるのでさらに厳しい状態になるでしょう。

もしも、返済ができなくなった場合にはどのようにしたらいいのでしょうか?ひとによっては、請求があるまで滞納して、返済できる時にだけ返済しようと思っている人もいるでしょう。ですがそれだとどんどん滞納が多くなり、場合によっては信用情報機関に事故情報として登録されてしまうかもしれません。

そうなると、どこからも融資を受けるのが難しくなります。そしてしまいには借りるところが無くなりヤミ金などに手を出してしまうというのがオチです。また、返済しようと他の消費者金融などから融資を受ければさらに負債額が増え、最終的には同じようにヤミ金に手を出し自己破産か自殺に追い込まれてしまいます。

では、どうしても返済できなくなった場合にはどうしたらいいのでしょうか?まずは、返済が遅れてしまう金融機関に相談することをお勧めします。ヤミ金などの悪徳金融機関でなければ親身になって相談にのってくれるでしょう。金融機関でも一番恐れているのは返済が遅れることではなく、自己破産をされてしまうことです。少々返済を待つ事でそれを防ぐことができるのであれば、きっと対処してくれるでしょう。

ただし、その場合にも利息分はしっかり払わなければいけなくなるでしょう。利息を支払って、期間を長くしてもらうのです。また、可能であれば借り換えや借金を一本化することで月々の返済額を少なくすることもできるでしょう。滞納したり他のローンを組んだりする前に、まずはその金融機関に一報入れましょう。対処策は見つからなくても、返済する意思があることを伝えることでも効果はあります。

ブラックリストに載ると何年で消えるのか

ブラックリスト、いわゆる信用情報機関に事故情報として登録されてしまうと、自分の信用が悪くなり、お金を借りるのが困難になります。じゃあ、それは一生付きまとってしまい、ずっとお金を借りることができないのか、というと、そういうわけではありません。信用情報機関の事故情報はある程度の期間が経過すると、その情報は消えるのです。

そのため、その期間が過ぎれば、ほぼ正常に戻ります。その事故情報の時効は、事故情報として登録された内容にもよります。基本的によくあることですが、ローンを組んでいて返済の延滞があり、3ヶ月間も返済しなかった場合に事故となり登録されます。この場合、事故登録をされた日から5年間は記録が残されています。そのため、5年間はお金を借りるのも困難になります。またその間に、また返済遅れなどで事故登録されてしまえば、さらにそこから5年間は載っているということになります。

事故登録されてしまうこととしては、自己破産などの債務処理をおこなっても登録されてしまいます。この場合の情報登録の時効は内容により、7~10年はブラックリストから消えることはないのです。裏を返せば、たとえブラックリストに載ってしまっても、7年経過すればほぼ正常に戻り、お金を借りるのに問題ないのです。信用情報はCICで簡単に照会できます。

とはいえ、100%正常に戻り、しっかり返済していた人と同じ扱いになるのか、というとそうもいかない場合もあるのです。それは融資を受ける金融商品や金融機関によって異なります。期間が過ぎればまったく問題なく審査してもらえるところもあれば、一度事故登録されていれば、一生お金を融資してくれないという金融機関もあるのです。

特に融資金額の大きな住宅ローンなどの場合に貸してくれないということもあるようです。とはいえ、その金融機関で断られてしまっても、他の金融機関では審査が通る可能性の方がありますから、時効が過ぎてしまえば、それほど心配する必要はないでしょう。

無職の人へのエール

無職になると、「これで自由だ!イヤな仕事から解放された!」という束の間の喜びがあるんですね。確かに、決まった時間に起きなくてもいいし、翌日のことを気にせずに夜更かししていても仕事を辞めたので誰にも怒られることはありません。怒られることはなくても迷惑を掛けることはあると思いますが。

次の仕事を探すときにぶち当たる壁が「希望条件の仕事がない」ということです。仕事を辞めるときはキャリアアップのためだと良いのですが、上司からのパワハラ、先輩や同僚からのいじめ、自身の病気などのネガティブな理由で辞めてしまうとキャリアが切れてしまったり精神的に落ち込んでキャリアどころじゃなくなってしまいますよね。

また、仕事がなくても税金や家賃などの必要なお金はどんどん請求が来ます。経済的な不安は生活の基盤を揺るがします。ここでカードローンでお金を借りたり、知人や親に借金したりした人も多いのではないでしょうか。キャッシングするにもやはりアルバイトや派遣社員としての登録は必要ですが。

「希望条件の仕事がない」の次にやってくる壁が「社会から切り離され、誰からも必要とされていないのではないか?」という不安と焦りです。仕事を辞めるという選択をした以上それは仕方のないことですが。

このサイトは無職でも借入できるカードローンを紹介していますが、お金を借りるにも最低限のアルバイトやパートは必要です。次の仕事が決まってから仕事を辞めるのが一番いいですね。

2ヶ月目を超えたあたりで貯蓄も不安になり

仕事を辞めてもすぐに次の仕事が見つかると安易に考えて退職してしまったために、ハローワークで探しても自分の求める仕事がないことに驚きました。何社かを選んでは紹介状をもらい面接に行ったのですが、なかなか就職が決まりません。新聞等でも求人を捜しては面接に行きました。何度か失敗して、2ヶ月目を超えたあたりで貯蓄も不安になり、自分の求める仕事も大事だがまずは仕事をしないと生活できないという思いになり、退職した時の思いが消えました。

何をするにもお金が必要

無職というのはとても不安な状態です。もともと貯金をしていなかったので、支払いに困ると親に頼るしか無く、申し訳なさがありました。ハローワークの雰囲気も苦手です。職員の方にふと話しかけられた言葉が、相手にとっては何気ない励ましの言葉だったのかもしれませんが、責められているように感じ辛かったです。無職ということが負い目に感じられ、きちんと働いている人から下に見られているように感じます。自由に使える時間は多いですが、何をするにもお金が必要です。

自信喪失

早く次の仕事を見つけなければという焦りと、なかなか希望の職種に就くことができず、不安が続いていました。収入がなかったので、これまでの貯金を切り崩して生活していましたが、日々の生活にいっぱいいっぱいでした。経済的にも精神的にも余裕が持てず、早く抜け出したいと願う毎日でした。無職というだけで、自分に負い目を感じるようになり、交友関係もままならず、ふさぎ込む毎日でした。自信喪失となり、自分の存在意義までわからなくなりました。

住民税などの税金と健康保険料と国民年金の支払い

仕事を辞めたあとに来て苦労するのが住民税などの税金と健康保険料と国民年金の支払いですね。まず国民年金については支払い猶予があるのでこれは後回しにしました。住民税と健康保険料は前年の収入に反映してくるので、自分が思っていた額よりも多い金額で請求されました。この二つは滞納すると非常によくないので何とかやり繰りして払いました。結局貯めていたお金が何だかんだで半分以上はすぐなくなってしまい残った分と雇用保険の失業給付金で次の再就職まで何とかやり繰りして食いつなぎました。仕事を辞める際には払わなければならない税金や保険料の額はあらかじめ調べておくことをお勧めします。

収入がないので精神的負担が大きく

仕事を辞めてまず苦労したのは、厚生年金に加入していたのが国民年金へのきりかえをし、健康保険料も会社に所属していないので、自分で手続きをして払わなければいけないという事です。無職になった途端、自由な時間ができますが、収入がないので精神的負担が大きくなってきます。まして、1人暮らしをしていてそのような事態に陥ったら大変です。なので、精神的安定を求める為にも次の仕事を探して見つかってから、仕事を辞めるべきだなと痛感しました。

面接の時以外で前向きな気持ちには全くならなかった

とにかく自分がクズ人間なんだと本当に思いました。その辺で働いている人をみると偉いなと感じ、自分は何をしているんだろう、と本当に毎日思いました。とにかく上を向いて歩けないでいました。知り合いにも絶対に会いたくなかったですし、職をやめればやめる程知り合いと疎遠になっていきました。自分に自信が無くなるので当然ですが…最初の何社かを辞めた時なんかは自分はやればできるんだ、只そういう会社がないだけなんだ、と思いましたが皆そういったストレスの中我慢しているのに自分は良い年して就職活動かと、とにかく面接の時以外で前向きな気持ちには全くなりませんでした。この日本では辛い事に耐えて生きている事が美徳とされているので、そのレールこらはみ出でしまった人、平たく言うと辛いのが嫌で辞めてしまった人は本当に生き辛いと強く思いました。

お金の事が一番不安要素

過去に仕事が激務すぎて体調を崩し、会社を退職して無職(約1年)になりました。退職したてのころは「これで自由になった!」とルンルン気分だったのですが、毎月貰っていた給料がないと月々の支払いを、あまり無い貯金から崩さないといけないことに気づきました。家賃、保険、光熱費などなど結構な額が一瞬で飛んでいきます。体調がまだ万全ではなかったので、すぐに再就職先を探すことも出来ませんでした。お金の事が一番不安要素でした。

本当に再就職できるのかという不安

無職の時の苦労は、とにかく生活費をどうやって捻出するか、ということでした。 再就職を目指していれば、就職活動のため、アルバイトも時間が限られてきますし、もしすぐに再就職できた場合、アルバイトをすぐ辞めることになり、バイト先に迷惑をかけてしまいます。 また、就職活動をしても、本当に再就職できるのか、ということがとても不安でした。 今まで、特に何の資格も取っておらず、専門職に就いていたわけではないので、とにかく将来が不安でした。

パワハラ、新人いじめで泣く泣く辞めた仕事

新卒で入社したばかりの会社を上司のパワハラ、新人いじめに遭い、泣く泣く辞めました。半年以上無職だったのですが、親に生活費などを頼っている申し訳なさ、負い目があり、自分自身が情けなく嫌でした。親にも無職なんて世間体が悪いとやんわり言われ哀しかったです。次の仕事もなかなか決まらず、貯金も無くなり、一番お金を使うのが楽しい年頃なのに欲しいものも買えず切なかったです。働いている友人と会っても忙しく働く眩しく優れて見え、劣等感を感じるのが辛かったです。

ジュース1本買うのも我慢

ジュース1本買うのも我慢して、いつも水筒にお茶を入れて持ち歩いていました。クーラーを使うのを我慢して暑いけどうちわでしのいだりしていました。食費も抑えていました。1円でも安い食材を買っていました。 毎日、仕事を探してもなかなか職が見つからず、毎日イライラしていました。焦りで心に余裕が全くなくなって、ネガティブになっていました。自分が情けなくて自信も全くなく最悪でした。 家族や友人たちにもかなり迷惑かけていたと思います。

自分が誰からも必要とされていないのではないか

最も辛いことは自分自身に生きてる理由を問い始めることです。 新しい就職先や、金銭面のやりくりももちろん辛いのですが、なにより夜が怖くなります。 夜は視覚からの情報が減るので、自ずと自分との対話を始めるわけですが、仕事をしていた期間には思いもしなかった問いかけが生まれます。 何よりもきついのが、自分が誰からも必要とされていないのではないか、ならば生きてる理由は何かと思い始めることです。 そんな馬鹿なと思うかもしれませんが、本当に深刻で、ひどい時期だと自殺も視野に入れたこともあります。

健康保険と年金の手続きや支払い

無職の間最も困るのは、健康保険と年金の手続きや支払いだった。会社員時代は全て会社に任せておけばよかったことを、自分で調べ動かなければならないのである。そしてその金額も、無職にはつらいものなのである。納得して退職したにも関わらず、やはり金銭的な面で後悔することも多々あった。自分は社会から完全に孤立してしまったような気持ちになって落ち込むこともあった。もうどの会社にも必要とされていないような気持ちになってしまうのである。

実家に帰り無職ニートの生活

わたしは仕事場から逃げ出し無職となりました。社宅に住んでため家もなく路頭に迷ってとても不安でした。友達の家に転がり込んで未居候をしていました。大した貯金もなくお金はすぐ底をつきました、仕事を探すのも面倒だったので実家に帰りそこでまた無職ニートの生活を送ることになりました、家族からの冷たい視線を横目に毎日過ごしていました。今は大学に行きバイトをして新しい生活を送っています、あの頃の生活に戻らないようにしたいです、でも今思えば楽しかったのかもしれません。

専業主婦状態でも援助のほとんどない育児にあっぷあっぷ

子どもが生まれてすぐ、専業主婦状態でも援助のほとんどない育児にあっぷあっぷ、していた時のことです。中古マンションを購入するために銀行で住宅ローンを組んだのですが、その際の担当女性行員が鼻持ちならない態度でした。「奥様も、すぐに仕事復帰なさるのでしょ?」などとしつこく聞いて来るのです。私の就職状態については、先行きが見えなかったので、主人一人の収入のまま負担にならない金額を組みたかったのですが、それを上げようとしている模様でした。フルタイムで働いている偉い私みたいにあんたも稼いでみなさいよ、という相手の優越感がまざまざと感じられて、非常に嫌な気持ちでした。

誰にも相談できず

自分の場合、家族、恋人、友達なども居ない状態でやむなく無職になってしまったので、まず助けてくれる人や相談する人が居なかったのが何より不安でした。1人で今後金銭面でどうするか、仕事をどうするか、全てを自分で考えてやるのはとても苦労しました。 それに昼間に買い物などへ行く事も多くなったので周りの目なども気になりました。ニートじゃないか、無職か、などと蔑まれてるのだろうかと考えながら買い物などに行くのはとても辛く、何度出掛けたくないと思ったか分かりません。 そしてそのあいだ1人で過ごすと更に今後の事を考えてしまい病む事も多かったです、酷い時はリスカなどもしてしまい、ストレスを発散するすべも無く、ただただイライラする毎日に何度も死にたいと考えました。 死なずにここまで何とかやっているのが奇跡かと思えています。

必要とされていないのではないかという不安とお金の不安

栄養士として短大卒業後から働いていましたが、パンが大好きだった私は、手に職をつけてパン屋さんになりたいと思うようになりました。実家を出て一人暮らしも始めようと思っていました。パン屋さんは、たくさんあるし一つくらい私を雇ってくれるパン屋さんがあるだろうと甘く見ていました。辞めた時は、これから始まる新しい生活にワクワクしていましたが、引っ越しが終わって就職活動を始めてもパートやアルバイトの募集はあっても正職員の募集はなかなかありませんでした。やっと見つけた仕事でも経験を求められたりお給料が安かったり激務だったりしました。自分は、誰からも必要とされていないのかと落ち込むことが増えました。加えて貯金で生活費を捻出していたので先の見えない毎日が不安と焦りの連続でした。

再就職先が見つからない不安

妻と子供二人を養っている身で、上司とケンカした勢いで会社を辞めてしまいました。次なんてどうにでもなるという考えで。 さあ、就職活動のため、ハローワークへ。そこではじめて再就職の厳しさを知りました。40才超えの自分に当てはまる求人が極端に少ないのです。あっても建築会社の厳しい営業職とかしかありません。何度通っても状況は変わらず、あっという間に1ヶ月、2ヶ月と経過していき大変あせりました。 結局、知人の紹介で何とか再就職することができましたが、再就職先がみつからない、あの、誰からも必要とされていないような不安感には大変苦労しました。

寝る直前はひどく不安に

会社の都合によるリストラで仕事を失いました。 現在は就職活動を経て職につくことが出来たものの、仕事をしていなかった時の不安はとても大きなものでした。 仕事を無くしてしばらくは、仕事をしている時に出来なかった美術館巡りや、普段会いに行くことが出来なかった友達に会いにいったりして不安を紛らわせることが出来たものの、3ヶ月もしないうちに耐えられなくなってしまいました。 特に夜の寝る直前はひどく不安になるため、寝るのはかなり早くにしていました。

お金がないこと以上に精神的に堪えることが多かった

次の就職先を決めずに会社を辞めてしまい、半年後に再就職するまでに無職の期間を経験したのですが、やはり周りからの目が一番気になりました。実家で無職の期間を過ごしたのですが、近所の方から遠まわし嫌味を言われたりするの辛かったし、私以上に親や兄弟も辛かったように感じました。また、友人の結婚式などに行くと無職だと変に気を遣われたりと、お金がないこと以上に、精神的に堪えることが多かったです。また、無職の期間が長ければ長いほど、転職には不利になるので、やはり、次の就職先を決めてからやめるのがいいと思います。

妊娠中だったので

派遣期間が終わり、次の職を探していましたが、妊娠中ということもあり中々面接まで至りませんでした。妊娠中ということは短期での応募になるので、そこを理由に電話の段階でお断りされることが多かったです。当時は毎日家にいるということに慣れていなかったので、何をしていいか分からず、社会から孤立していく思いや不甲斐なさ、たるんだ生活をしている自分への嫌気でいっぱいになる時もありました。今では赤ちゃんが働かなくていいよと言ってくれていたのかなと前向きに考えています。

一度経験すると逃れられない堕落感覚

2013年8月、2年働いたホテルの仕事を辞めてニートになりました。退職後は実家に戻り、次の仕事を探す気にもならず、しばらくニートになりました。深夜4時までネットサーフィンし、寝て、昼過ぎに起床しランチを食べる。しばらくだらだら過ごしネットへ向かう。そして深夜深くまでPCに張り付く日々を約2ヶ月続けました。何も希望がなく、夢もなく、ただただ過ぎ去る時間に身を委ねる生活。時間に対するもったいなさを感じる感覚もだんだん薄れていき、いくらでも時間があって何もしていない時間も全くもったいないとも思わなくなっていきました。2ヶ月して行動しないとと思い立ち、次の仕事へチャレンジしましたが、一度経験すると逃れられない堕落感覚が身に付くことがわかりました。

無職の時の精神状態にはなりたくない

ストレスで体調を崩し仕事を辞めました。最初はストレスもなくなりゆっくり次を探そうと思っていましたが次第にこのままどうなるんだろうという不安が徐々に大きくなってきました。求人誌で求人を探していましたが、やりたい!というものも特になくいつまでこのまま無職なんだろうと不安が大きくなり焦りも大きくなってきました。貯金を崩して数か月生活していましたが減っていく一方な貯金に不安から涙が止まらなくなることもありました。最終的には知人が紹介してくれた職場に就職しましたがもう無職の時の精神状態にはなりたくないと思います。

貯金を切り崩すこととなり

無職になってから朝もゆっくり寝られるし、自由な時間がたくさんあって楽しいと感じましたが、そう思ったのは数日だけでした。その後、毎日決まってやることがないため起きる時間も遅くなり、自堕落な生活を送るようになり、やる気もなくなってきたため、再就職できるか不安になりました。また、無職で収入もなくなったため、貯金を切り崩すこととなり、いつまでこの生活が続けられるのかと落ち込むこともありました。時間があってもお金がなく、やりたいことが制限されるのもまたつらかったです。できるだけ食費をかけないように、自炊でも苦労しました。

すぐに失業手当が貰えると思いきや

前職でイジメ・パワハラ・ほぼ毎日終電で、精神的にも肉体的にも追い込まれてうつ病になり、勢いで退職しました。 うつ病だったのですぐに失業手当が貰えると思いきや、主治医から週20時間働けるという診断書がないともらえないということがわかり、病状もあまりよくなくなかなか診断書がもらえず3ヶ月無収入で貯金でやりくりしながら生活していたのでとても苦労しました。

友達に無職だという事が言えない

無職期間は実家にいました。 両親の冷たい視線、「いつになったら仕事を見つけてくるのか」という圧力が嫌で外へ出ても、昼間は働いている人ばかりでどこへ行っても人がいません。お金も使えないので公園のベンチだったり図書館で時間を潰していましたが、周りも私が無職という事を知っているのではないかという疑心暗鬼に駆られて精神的にズタズタでした。友達に会っても仕事の話しになると無職だという事が言えず、適当に仕事の話をしては「もしかしたらバレているかもしれない」と落ち着けませんでした。

仕事がなくても税金は支払わなくてはならず

ハローワークで求人を見たり、求人誌の発行日に必ずもらいに行っている時が一番、不安な気持ちになり、このまま仕事が決まらなかったらどうしようかとたまらなく心配になる。また、何度も履歴書・職務経歴書を書き直しながらようやく完成し、面接へ行くが不採用の連絡がきた時は本当に辛くなりました。職が無くても、税金などは支払わなければならず、中々仕事が決まらないと、自分が本当にやりたい仕事に就く事より、とにかくどこかで働ければいいという焦りのほうが大きくなってしまうのをよく覚えています。無職の時ほど、気持ち的に追い込まれることは無いように思います。

このまま仕事が見つからなかったらどうしよう

私は、昨年の11月~12月の間仕事を探していました。一番不安なのは、このまま仕事が見つからなかったらどうしよう。という事です。次に不安だったのは、お金です。このまま収入がなかったらいつまで生活できるのか心配でした。このまま見つからなかったら、アルバイトをしようと思っていましたが、それでも正社員のときの収入とはかけ離れている為、生活が続くのか心配でした。苦労したことは、節約です。今まで以上に節約し、無駄遣いしないように心がけました。色々苦労したからこそ、今後は後先考えた行動をしようと勉強になりました。

金銭面の不安が大きかった

無職の間、とにかく金銭面の不安が大きかったです。貯金がある訳ではなかったので、最後に貰った給料でやりくりしなければいけませんでした。次の仕事が決まったとしても、給料日にならないとお金は入ってこないので、とにかく無駄遣いはしないように気をつけていました。あと、次の仕事はいつ決まるんだろうという不安もありました。これといった有利な資格は何も持っていないし、不景気で求人も少なかったので、余計に不安でした。

毎日が自由すぎて堕落の道に進む自分との戦いに

後先考えずに仕事を辞めてハローワークに通い仕事を探しました。しかし、1ヶ月経っても自分に合ったものが見つからず。日雇いの一日バイトを始めました。その後、正社員を諦め、派遣社員になって経験を積もうと派遣登録に行きました。紹介された会社に応募するも書類審査で落ち、面接まで行っても落ち、何社も不採用になりました。誰にも必要とされない現実に不安でいっぱいになりました。辞める時は、次なる目標を持って辞めないと頭の中が路頭に迷います。毎日が自由すぎて堕落の道に進む自分との戦いに苦労しました。

明日からの収入の保証がない

明日からの収入の保証がないことが、すべての焦りのもとになります。履歴を書いていても、受かるかどうかわからないし、証明写真や履歴書を準備するとお金はかかるしで、出ていく出費ばかりで余計に収入がないことに焦りを覚えます。特に、不採用の通知が電話でくると何もかもがダメなようでなお辛いです。全てお金の苦労ですが、妻への養育費の支払いが少しでも遅れると、追い討ちをかけるように辛いです。来月払えるかどうか不安ばかりが募りいてもたってもいられません。

社会的な価値と1日何をすればいいのか

仕事を辞めて無職の期間が約3ヶ月ありました。本当に辛いなと思ったのは、まず自分の社会的な価値と1日何をすればいいのかということです。社会的な価値の部分でお金を稼がす使うばかりという生活は、本当に自分の社会的に必要とされる価値がわからず、お金を使うことに罪悪感を感じてしまうほどでした。また1日やることがないという、事実の辛さを痛感しました。1人でできることには限界があり、起きても目的がない場合起きたくないと思ってしまいます。でもずっと寝ていてもまた罪悪感に駆られます。なので二度とこの経験は味わいたくないです。

週2日ほどアルバイトで一定の収入

私の場合は少し特殊かもしれません。 自己退職をして暫く無職でいました。退職した理由は株などの不労所得で生計を立てようと考えていたからです。しかし不労所得だけでの生活は不安であることを、身をもって体験しました。株の値動きで一喜一憂すると日々でした。またそれだけに留まらず、人との接触も完全に途絶えていました。なので孤独で寂しい想いをしました。無職を経験して社会との繋がりがいかに大切なのかを知りました。現在では週2日ほどアルバイトをして人とも関わり、ほんのわずかではありますが一定の収入を得ています。

凄くお金に困りました

随分と長い間無職でした。何故かと言うと、大分前の話になるのですが、元旦那の言葉の暴力で鬱と不眠症になってしまい、病院に通うまで1年かかり、漸く病院に行ったら「鬱と不眠症ですね」と先生に言われ、それからというもの全く仕事ができなくなりました。旦那の給料だけでは追いつかず、私も働きたかったのですが、体と心が思うように動かず一日寝てばかりの日々が続きました。病気になる前は、自宅の近くの書店で月曜日から金曜日までフルタイムで働いておりました。その反動と申しますか、ずっと家に居ないといけないのが辛くてたまりませんでした。何とか食事は作っていましたが、他のことは一切できませんでした。だからと言って、旦那が手伝ってくれるわけでもなく私一人でしんどい体に鞭を打って家事、育児に奮闘していました。そんなこんなしているうちに、体調がどんどん悪くなっていき、挙句の果てには寝たきりになってしまいました。そのころは、凄くお金に困りました。病気とは言え立派なニートですよね。ものすごく辛かったのを覚えています。それまで病気なんてしたことなかったので、尚更です。普通に仕事が出来ないのがこんなに辛いものかと実感しました。

家賃も支払えず保証人でもある両親の元に未払いの請求が

私はやりたい事を見付けて退職しましたが、怪我等もあって無職を経験しました。先ずは、長年の疲れを癒すため、やりたい事を思う存分楽しんでおりましたが、お金も尽きるので、簡単なお手伝い等を行って軽く収入を得ておりましたが、それも2ヶ月で終わり、無収入になって色々無職の間は、日雇いや派遣会社登録等も駆けずり回りながら行ってきました。でも、長くは続かず、帰宅をすると度々電気が消えていたりする事が年に数回あったり、家賃も支払えず保証人でもある両親の元に未払いの請求が来た時期もありました。この苦労生活も5年半続けて参りましたが、病気になり実家に戻らなくてはならなくて苦労生活ともお別れとなりましたが、仕事も波に乗っていたのですが、病気になった事で、自由の無い生活にはなりましたが、とても良い経験をした。と胸を張って言える思い出として、忘れないでいられたらと思うし、この経験が今も役に立っているので、半年無職との経験もあり日々色々と登録をした派遣会社に連絡をして仕事を探したりして結果は報われず半年の時間を無収入で生活をしてた事で、両親にも迷惑を掛けていた時期もありましたが、今では迷惑を掛けた分親孝行したいと考えております。

職業訓練校でいじめに遭い

仕事を自己都合で辞め、スキルを身に着けるため、職業訓練校へ通いました。その職業訓練校で、嫌な人がおり、そのクラスで自分が一番若く周囲の対応が良かった事を気に入らなかったようで、いじめにあい途中で辞めることになりました。給付金ももらえなくなり、貯金を崩しながらの生活となり、前年度の収入が高かったため、支払う保険料も高かったので、このまま就職が決まらなかったりしたらどうしようかと考えると非常に不安できつかったです。

使うお金は極力減らさなければいけない

漠然とした将来への不安がいつもつきまとい、朝起きた時絶望的な気持になる。友達と会うにも、無職ということが引け目になり徐々に疎遠になり人間関係が狭くなる。また親戚の法事などに出ると必然的に仕事の話になり両親にも肩身の狭い思いをさせるのではないかという気持にも苛まれる。お金は貯金が多少あるが家族の負担になっているという罪悪感と生活費を出してもらっているので自分のことに使うお金は極力減らさなければいけない。

これから再就職に向けて動くつもり

好きではなかったものの長年勤続した製造業の会社が不況で閉鎖という事になり、やむおえず退職しました。辞めた時の私は、長年のハードワークで過労死寸前。でもそのことに自分で気が付いていないという情けない状態でした。「今度は自分がやりたい、新しい職種にチャレンジしよう」とハローワークで見つけた幼稚園の仕事につきましたが、力も気力もついてこず、頭の回転もすっかり落ちていてまったくうまくいきませんでした。それで他の仕事につこうとしましたが、どこへ行ってもなんだかんだと理由を付けて断られました。たぶん、見た目もすっかり弱っていたんだと思います。そのあたりでやっと自分が就職に適さない状態だと気づき、十分な休養と軽い運動をするようにして、体力と気力を回復しました。半年以上かかりましたが、やっと頭が動くようになり、これから再就職に向けて動くつもりです。

次の仕事の前に貯蓄が底をついたらどうしよう…

仕事を辞めるという経験は何度か味わいましたが、幸いなことにほぼ全て一年以上勤務していた為に失業手当は貰えていました。唯一の例外は、某印刷会社でパワハラ被害に遭い一年目を目前にしながら耐えられず逃げるように辞めてしまった時ですが、この時はハローワークへ相談した結果、無事に認定が下りました。とはいえ次の仕事もなかなかスンナリとは見つからず、その前に貯蓄が底をついたらどうしよう…と、そこが一番恐ろしいところでもありました。また、パワハラの最後には「めまい」を知らず知らず起こすようになっていて(ちょうどインフルエンザにも罹患していたので、最初はそのせいと思っていました)未だに強いストレスを感じたりすると頭がクラクラしてくる度に、その過去を思い出しては哀しくなります。

夫の給料が安いから

私は大手の企業の経理の仕事を8年間やってきましたが、結婚することになってその会社を辞めてしまったのでした。 でも、結婚してから旦那が俺の給料は安いから社員になってくれといってきたので、びっくりしました。私は、無職なってしまってハローワークに通って仕事を探しましたが、家から近い経理の仕事を探しましたが、あまり条件にあったものはなく、毎日のように旦那にいつ社員になるつもりだといわれて、ハローワークに半年ほど通い詰めました。半年無職でしたが、旦那にそんなに社員になって欲しいなら、結婚しないほうがいいと思いました。

使えば無くなるだけの貯蓄を見て半年で不安に

このまま自分がやっている仕事をやり続けていて、果たしてこのままでいいのだろうか…と将来に不安を感じて、やっていた仕事を辞めました。大した給料でもなく、退職金もほぼなく、育休制度や産休制度もほとんどないに等しい。仕事場での女性社会に煩わしくなり、ここを辞めて好きなことをやろうと思ったのです。ですが、辞めてから新しい仕事を探したので、無職の期間が1ヶ月ほどありました。最初は仕事からの開放感でいっぱいでゆっくり過ごせましたが、使えば無くなるだけの貯蓄を見ていて半月ほどですぐに不安に駆られました。資格も何も持っていなかったので、バイトで繋ぎましたが、こうなるんだったらいい大学出て金銭的な分だけでも心配がない就職をしておけばよかったと後悔いたしました。

節約しても最低限の生活費は必要

退職後しばらくの間は退職金や失業保険もありなんとかなったのですが、貯蓄を取り崩していくのが何よりも不安でした。家族を支えなくてはなりませんし、節約しても最低限の生活費は必要です。そして就活にも若干は費用もかかります。そして友人などは皆忙しく働いているので、キャリアアップの為に退職したはずが、再就職もなかなかうまくいかず本当に就職出来るのだろうかとよく落ち込みました。そうなってしまうと負のスパイラルがおこってスキルアップの為の勉強にも力が入らなくなってしまいます。いつになったら働けるのか、どんな仕事でも良いから働きたいと凄いストレスでした。

アルバイトしながら学校に通い

普通のいわゆるサラリーマンをしていたのですが、専門職ではなく、営業的なことからサポートなどを行っていたのですが、やりがいを感じられず辞めるに至ったのですが、辞めてからは、公園でぼーっとしたり、次に何をしようか、何がしたいのかを考える毎日が始まり、失業保険があったので、少しは生活することができましたが、次を見つけないとすぐに生活ができなくなるので、とても不安な毎日を過ごしました。悩んでいても仕方がないので、とりあえず日払いでお金を稼ぐことを考え、引っ越しのアルバイトをしながら生計を立て、アルバイトをしながら自分のやりたいことを再度詰めながら、学校に行くことを決断し、アルバイトしながら学校に通い、今では学校に行き技術を覚えたことでその仕事を続けています。仕事をしない毎日は本当に不安で、社会から必要とされていない、自分は生きていて意味があるのかというネガティブなところへすぐに行ってしまいますので、できれば、もうそんな経験はしたくないと思います。

周りの意見や行動が辛かった

一番不安にさせられたのは、周りの意見や行動でした。無職でどうやって生活するのか、など自分でも既に考えていることをお説教のような口調で言われるのは辛かったので、そういう言葉はやめて欲しかったです。あと、時間が余っていると思われて、遊びに誘われる頻度が増えた時もいい加減にしてほしかったです。無職で収入が無い友人を励まそうと集まってくれるのならいいのですが、週に何度も遊びに連れまわされても就活の邪魔になるのをわかってほしい。

人としての自信

鬱と自律神経失調症で、会社を辞めることになりました。朝起きて顔を洗って、時間通りに日常生活を送るということが全くできなくなり、外へ行けばパニックで過呼吸の発作を起こし、家にいれば何の価値も無い自分が生きていても良いのだろうかと鬱々し、大変辛い時期がありました。働くという、普通の人には当たり前のことが自分にはできなくて、自信の欠片も無くなってしまいました。働けない期間が長くなれば長いほど、その焦燥感は大きいです。私は約2年程、まともに働けず実家のお世話になりました。どんな小さなことでも良いので、仕事はあるべきだと思います。人としての自信が、働けずにいると消えてしまうんだという事を身を以て感じました。

働いていた時に作成したキャッシュカードを大事にしています

親の介護などの理由で、思い切って仕事を辞めました。その時の休暇制度では、介護休暇はありましたが有給ではなく無給です。せめて、育児休業制度のように少しでも給付金があれば、もう少し勤めることができたかもしれません。なので、今は無職です。私が無職になってから経験したことは、まず、某銀行のキャッシュカードが作れませんでした。審査を通らなかったのです。ですから、働いていた時に作成したキャッシュカードを大事にしています。退職して2年目の住民税などの準備をしていなかったのも不安の一つでした。就職活動はしましたが、なかなかマッチする仕事がなく、50代ということもあり、お断りされることがほとんどでした。無職にも色々な種類があるのではないかと思います。例えば、30年程度働いて無職になった人も、ほとんど働くことなく無職の人も書類上は、同じ「無職」です。そのあたり、何とかならないものでしょうか。

書類の職業欄

ずっと家にいても鬱になるので外に出ようとするが、金がないので遠くに旅行に行ったり、飲みに行ったり、遊びに行くことも躊躇してしまう。平日の昼間にぶらぶらしていると、周りの人から白い目で見られる。安い家賃のところへ引越しをしようとしても、アパートを借りるときに書かなければいけない書類に職業の記入欄があり、そもそも借りられないことがある。クレジットカードを作ろうと思うものの、審査が通らないだろうなと思ってあきらめてしまう。

恐ろしいNHKの集金

職場でのストレスで身体を壊し、再就職までの10ヶ月ほど無職を経験しました。貯金もあまりなく、ろくに食事もできずに毎日米と納豆だけで過ごしていました。光熱費は止められる直前まで支払いませんでした。具体的には二ヶ月に一度電気代を払ったら、その二ヶ月後には水道代を払う。ガスは余裕があるときだけ払いました。恐ろしいのはNHKの集金です。テレビがないのと支払い能力がないことを主張したら、ワンセグ機能があるスマートフォンを持っているなら払う義務があると、何度も何度も家に来られました。風呂もなく、台所の冷たい水で全身を洗う日々でした。

自分に自信がなくなっていった

人間関係で仕事を辞め、半年以上仕事をしていませんでした。今まで、仕事を辞めたことはあっても期間をあけずにすぐ仕事をしていたので、私にとってはこの半年という期間がとても長く感じ、もう社会復帰できないのではという不安がありました。貯蓄でなんとか半年持ちましたが、いよいよ金銭的に厳しくなり勇気を振り絞って求職活動を始めました。求職活動は期間を空ければ空ける程、自分に自信がなくなっていったのを感じていたので、行動するのも仕事を始めるのも本当に勇気が必要で苦労しました。

どんどん貯蓄が減っていきました

秘書に就職しましたが、ついていた社長からのパワハラにより胃の調子が悪くなり、仕事を辞めて1年ほど無職の期間を経験しました。その就職で実家から出て一人暮らししていたのですが、半年で仕事を辞めたので戻る気にもなれず、また会社の借り上げのマンションに住んでいたので、やむなく引っ越ししました。それまである程度の貯蓄はありましたが、一人暮らしの無職になったので、どんどん貯蓄が減っていきました。改めて転職活動もしていたのですが、次短い期間で辞めることになったらと考えてしまい、せっかく内定を貰っても決意することができなかったり、ここなら大丈夫そうと思ったところは最終選考の時点で落とされたりとうまくいかず・・・。お金はなんとか貯蓄と、いらないものをオークションで売ったりしてしのぎました。その後応募する幅を広げようと決意して派遣会社に登録し、派遣という形でなんとか就職することができました。

同期や友人はバリバリ仕事

私は無職でいる期間は短かったのですが、何がつらかったかというと自分は何もしていないこの間に、同期や友人はバリバリ仕事で稼いでいると思うのがつらかったです。たまに会って近況とか聞くと、仕事でこんなことあったとか、こんなこと大変だったとか「ふんふん」と聞いてますが、何やってるんだろうな、自分…ていう気分になります。ちゃんとわけあっての離職であっても、引け目を感じるというか。無職の期間中はあまり人に会わないようにしていました。

周囲の目が怖かった

私の場合は独身であり、実家があったので生活面で苦労することはありませんでしたが、精神的にかなりのストレスと不安を感じました。特に周囲の目が怖かった記憶があります。親も友人も皆優しいので励ましてくれたり慰めてくれたり、再就職を焦らなくても良いと言ってくれたのですが、それに非常に負い目を感じ、自分は人に迷惑をかけているのではないかという自己嫌悪に苛まれて毎日つらい日々が続いておりました。今でこそ多少考えすぎだったと思えるようになりましたが、当時の精神状態は本当にひどいものでした。

再就職のコネ

一年間無職期間を経験したとき、一番思い知らされたのはやはり「コネ」です。幾つか面接を受け、中には筆記試験があった所もありましたが、いわゆる出来レースのようなもので最初から採用される人は決まっているという悔しい経験をしました。なぜそれがわっかたかというと、知り合いの人がたまたま採用について知る環境にあった人で、その人の話によれば私の筆記試験の結果はよかったらしく、「今回コネで頼まれてた人がいたらしいんだよね。その人が採用になったらしいよ。」ということでした。田舎は今もコネ採用が多く、理不尽な思いをすることが多々あります。そういう私も結局、親の口利きでしか再就職することができなかったので田舎では仕方のないことなのでしょうか。

収入がない、仕事がない

まさに今現在無職です。仕事を辞めてから二か月ほど経ちますが、無職期間で辛いと思ったことはまず第一に収入が無いことです。貯金を切り崩して生活するのは精神的にも滅入ってしまします。第二に、理想の就職先が無いことです。私が言う理想とはやりがいのある仕事ではなく、安定した高収入が得られ、完全週休2日制で昇給賞与があり残業代がしっかりと支払われる会社です。なかなか好条件の会社が見つからないので気持ちが焦ってしまいます。第三に、無職でいると世間の目が冷たいです。友人からの連絡も減り、近所の方々には遠回しに嫌味を言われます。また、社会に必要とされていないのではないかといった思考にもなってしまいます。 見えない未来に不安だらけの毎日です。

銀行口座開設での書類

私は就職後、海外に2年半留学と現地で仕事をしていたのですが、向こうで結婚をして旦那と日本に住むことにしたのですが、今、無職でつらいです。幸い貯金はあったのでアパートは決めることができましたが、無職のため提出する書類も多いし、銀行で口座を作るときに職業をかく欄があり、書くときにはちょっと迷ってしまいます。来月には新居に引っ越すので仕事探しをしようと思っています。前にいた職場があるので無職の生活ももう少しで終わりそうです。

無職になった原因はうつ病

自分が無職になった原因はうつ病なのですが、まず「うつ病になった」というのがどうしても受け入れられなかった。実家に帰って療養するにあたって、一番つらかったのは近所の目。両親は気にしない、むしろ早くに自立した自分が帰ってきてくれて嬉しい、ゆっくり休むといいなんて言ってくれるが、それも受け入れられない。両親の言葉でも信じられない。しかも田舎なので噂が広まるのが早いこと。うつ病で休職しているということが一通り広まると、次は「安心して良いよ」「大丈夫だからね」という気遣う目。未だに耐え難いです。

周りからのプレッシャー

人間関係が上手くいかず仕事を辞めてから、なかなか次の仕事が見つかりませんでした。けれど、早く見つけなければ、生活できなくなってしまうし、なんとか貯金で食い繋いでいましたが、いずれその貯金もなくなってしまうと考えると、不安でたまりませんでした。毎日ハローワークに通い、自分に合った仕事を探し、結局ピンとくるものが見つからず家に帰る…という日々を続けていました。自分でも焦っている時に、周りから、まだ見つからないのか、まだ仕事はしないのかと言われる度に、なんだか責められている様な気がして、苦しく辛かったです。無職というのは、自分も周りも不安だし苦労するのだと思いました。

社会人としての自覚が薄れて生活がルーズになり

派遣社員として働いていた頃、契約期間が終わって次の仕事が見つかるまでの空白期間によく不安を感じた。次の仕事を紹介してもらえるのか、紹介してもらえたとして続けられるのか、いつまで派遣でいるのか……等々、将来が不透明であることに対して不安を抱き、強いストレス下に置かれることが多かった。また、毎日が休日のような状態になり、最初のうちは気楽で「骨休めでもしよう」という気分でいるが、一週間ほどすると、「無事に仕事に復帰できるだろうか?」という気持ちになってくる。仕事をしないでいると、どうしても社会人としての自覚が薄れて、生活がルーズになり、何となくダラダラとしてしまいそうになる。とにかく自分を律することをせねば…と葛藤が多かった。

過去の自分に執着する日々

10年以上勤めた会社を辞めた後、なかなか次が決まらなかった。勉強しながら転職活動を行ったが、どんどんお金が無くなっていく。失業保険をもらえる期間を過ぎても決まらず、焦るばかりで心がすさんでいった。あまり想定していなかったマイナスな出来事としては、毎日規則的に会社に行き、同じような時間に昼食を取り、歯を磨く。という生活をしなくなったため、虫歯になった。徐々に太っていき、不採用の連絡が重ねられていき、過去の自分に執着する日々。どんなに嫌なことがあっても、大変でも、次に転職する時には無職期間0日で働いてたい。 そう思える日々だった。

ダラダラと一日中寝ていたり

最初の1カ月は、今まで出来なかった事をやって、楽しく過ごしました。番組観覧に応募したり、買い物したり、徹夜でゲームしたり、ダラダラと一日中寝ていたりしました。でも、失業保険をもらうには、就職活動もしないといけないので、時々、職業安定所に出かけて、仕事を探したりしていました。2カ月に入ると、徐々に貯金残高が減っていくこと、家族以外誰ともしゃべらない日々が続いていること、このまま社会人としての規則正しい生活ができなくなるのではないかと不安になりました。真剣に仕事を探し始めましたが、女26歳、正社員希望、簿記などの資格はあるが、実務経験なし。この条件では今の世の中、求人がとても少ないことにとても不安を感じました。

精神的にも追い詰められ

派遣で販売の仕事をしていた時にその商品が中々売れず毎日が胃の痛い思いでした。体調不良にもなり合わないなと感じて仕事を辞めたけど、一人暮らしだったので家賃や生活費は困ることになります。しばらくはその仕事から解放された安堵感に浸っていたけど、すぐ生活の不安感で頭がいっぱいになり次の仕事も思うように見つからず恐怖の毎日。精神的にも追い詰められ毎日が自己否定と「大丈夫何とかなる」と自分に言い聞かせの繰り返しでかなり辛い思いになっていました。

無職だと本当にそのものに価値があるのか考えるように

仕事を辞めてから次のが見つかるまで、いつもどことなく不安な気持ちで生活していました。お金があるという安心感は計り知れなく、それがなくなっていく一方だと焦燥感にかられ、情緒不安定になります。どんな仕事でも働いてお給料をもらえるという事がどんなにありがたい事か身にしみました。働いている時はお金がもらえるのが当たり前で無駄遣いもできますが、無職だと本当にそのものに価値があるのか考えるようになります。良い事でもあるんですけどね。

安定した生活があるからこそ

仕事を辞めて無職になるとお金の不安がつきまとう。無職になるとお金は減っても増えることはないからだ。次の就職先を決めずに仕事を辞めることはなるべく避けたい。お金の不安というのは精神的な不安である。仕事に就かず、もしくは仕事に就いてもすぐに辞めるようなことがあれば、収入が安定しないばかりか長期的な心の病につながる。自分もその経験がある。自分は旅をすることが好きだ。休みがろくにとれない仕事が嫌いだった。その理由で仕事を転々とした。結果的に精神的に落ち着かない自分がいた。新しく仕事に就いても人間関係でうまくいかなかった。常にお金の不安が頭と心の中にあった。家の家賃が払えるのか心配になった時もあった。現在はそれなりに安定した仕事に就き、収入は低いままだが、自分の好きな旅は以前より制限されている。それでも休みは自由に取れるし精神的なゆとりは確保することができた。以前の自分よりいまの自分の方が「生きている」という実感はある。安定した生活の中で人間は本当に好きなことができるようになるのだ。

そろそろ貯金も底を尽きる頃

某団体で臨時職員を15年間勤め、60歳になった年の年度末に理由が「契約満了」と言う事で退職しました。臨時職員のため、退職金もなく、雇用保険で1年間過ごしながらハローワークで職探しをしました。雇用保険支給期間が切れた後は、妻の収入で細々と食いつなぎました。職探しは1年6ヶ月行いましたが、60歳のおっさんを雇ってくれる企業はありませんでした。今も職探しは続いています。そろそろ貯金も底を尽きる頃ではないかと思います。散歩に行くとつい、枝ぶりのいい木が目に止まる様になりました。

自分が世間から置いていかれている気がして

まずお金が無くなる恐怖心がジワジワと沸いてきます。次に、自分のをダメ人間だと思い始めいつのまにか自分を責めるようになってきます。私は現在はしっかりと仕事をしていますが、無職の時期は仕事が嫌で辞めたはずなのにいつのまにか転職サイトを開いている自分がいました。その理由はお金もそうですが、自分が世間から置いていかれている気がしてならなく、何をしてても心の底から喜べない自分がいたからです。やはり適度な休みがちょうどいいとその経験をし、学びました。

将来のこと、生活のこと、金銭的な不安

仕事を辞めてから、初めは精神的に楽になりましたが、徐々に生活が苦しくなりました。生活費・光熱費・食品などで預金がなくなり、お金が入ってこない不安がかなり大きかったです。日によっては食事もままならないこともあり、金銭的にかなり苦労しました。無職の状態が続くと生活がだらけてしまい、就職活動やアルバイトを探しても不採用になる事が多くなりました。将来のこと、生活のこと、金銭的な不安が同時に来るので、かなりきつかったことを覚えています。

経済的な面で苦労

やはり経済的な面で苦労しました。私の場合は会社都合で無職になったので失業保険はすぐのもらえたのですが、日々の家賃や食費、年金など次の仕事も決まっていないのにお金を使って良いのかと財布を開くたびに自分を責めるような気分になったのが1番辛かったです。またハローワークに行ったもののなかなか次の仕事も決まらないのも、自分は社会のどこからも必要とされない人間なんだと思いつめるきっかけになってしまい不安になりました。

生活費を親に頼らなければならなかった

生活費を親に頼らなければならなかったことが辛かったです。親はもう定年を迎えていましたが新しい職場で働いていて、そこでは以前勤めていた会社よりも給料が低く、その上で私の次の働き口も見つからなく、いつまでも甘えていられない状況でした。しかし、親は私に厳しく接するわけでもなく、気遣っていてくれたので辛かったです。また、周りの友人達はバリバリに働いていたので誘ってもらうこともありましたがなかなか気が重く、参加することはできませんでした。周りをみて、無職な自分が心底情けなかったです。

社会と繋がっている=心の平穏

勢いで辞めたものの、なかなか次の仕事が見つからず、かといって何でもいいというわけではないので、どこまで何を妥協するのかというところで悩みました。そうしている間にも貯金は減っていくわけで、支出を抑えようとするとどこかに歪みが出てストレスになりました。今まで何も考えずに過ごしていた日常が、突然苦しいものになりました。気分も段々と滅入り、そうなると求職活動への意欲も萎えてしまう。社会と繋がっているということが、生活だけでなくどれほど心の平穏を保ってくれるものであるか、知りました。

このままで生きていけるのだろうか?

無職期間になると、仕事を辞めた理由にもよりますが、「これでラクになる」という気持ちがありました。でも、その気持ちも数週間が過ぎると、「このままで生きていけるのだろうか?」という新しい不安が襲い掛かってきます。日中なにもせずただ過ごす時間や、ハローワークでの職探しなどをしても、お祈り返ししかやってきません。自分は人間としてダメなのではないだろうか?というまた新たな不安が襲い掛かり、とにかくなにもかもが怖くて気が狂いそうになりました。気分転換なんて、生活費を切り詰めているから何もできない。今無職だということを誰にも言えない。気が付けば、部屋から出られなくなり、明日の支払いもできなくなる。という負の連鎖に陥ることもとにかく不安以外なにもなくて、働けるという状況がどんなに幸せだったのかということを思い知らされました。

金銭的にも厳しく

勤めていた会社が合わずに仕事を辞めてから、次の仕事を見つけるまでに半年ほど無職だった期間がありました。金銭的にも厳しく、かと言って焦って次の勤め先を見つけても、またすぐに辞めることになってしまったら意味がないと思い慎重に再就職先を探しました。貯金は僅かしかなく、無職だった期間は実家で生活をして無駄な買い物は一切しませんでした。1週間に2~3日はハローワークに通いましたが、田舎なので求人も少なく、給与も安いものばかり。資格を持っていないので、もっと資格を取得していれば良かったと思いました。

仕事に就いて、収入を得ることは大事なことだなと思いました

以前は介護の2年ほど仕事をしていました。パートで9時から5時まで働いていました。それが突然パートはリストラされ、パートさんは全員解雇になりました。それからは呆然となり、とりあえず職業安定所に行き、失業保険をいただくよう手続きをしました。3ヶ月は失業保険のおかげで、なんとかしのぐ事が出来ました。それからは職業安定所になんとか足を働き、いくつかの仕事を探し面接をすることにしました。今はなんとか安定したパソコンの仕事に就き、良かったと思っています。やはり仕事に就いて、収入を得ることは大事なことだなと思いました。

仕事を辞めてアメリカに語学留学

10年以上勤めていて、給料もよくやりがいもあった仕事を辞めて、アメリカに語学留学しました。長年の夢を叶えたので、アメリカでは充実した毎日を送れてはいますが、収入がない不安感と会社の肩書がなくなったときに、自分自身の魅力だけで世の中を渡っていかなければならないことへの不安が常につきまといます。語学力には自信がついたのですが、このままアメリカで就職するか日本に戻って就職するかで悩んでいます。できればアメリカで就職したいのですが、やはり語学力がまだそこまで高くないのでハイレベルな仕事には就きにくいのがネックです。

お金の心配が常に頭の中をよぎって

仕事を辞めてから1か月くらいはあまり不安はありませんでしたが、2か月経つと自分のこれからの人生がどうなっていくのか不安になりました。仕事を辞めると勿論お給料を貰えないので、お金の心配が常に頭の中をよぎっていました。無職になるとお金を使わないようにしようと努力をします。無職の期間が長いと節約志向になり、ファッションやメイクにも気が回らなくなります。それから食事も1品2品くらいになり、毎回の食事が単品の食生活になっていきます。それくらい無職というのは辛いです。

最も強い不安はお金

最も強い不安はお金です。貯金で何とかしていましたが、いつまで保つかという不安が絶えずありました。入ってこないわけですから、出すお金を極力減らさなくてはなりません。また、職探しを有利にしようと思って資格を取得しましたが、実際の求職活動では、年齢制限という厚い壁が立ちはだかり、民間の資格なぞは、とっても全く意味が無いということを痛感したのも辛かったです。資格が意味をなさないと知って、余計焦り、お金への執着がひどくなりました。

食生活の変化で1か月で体重が10㎏増

無職期間中苦労したのは食生活の変化です。仕事してた頃は朝昼晩と多少不規則ながらも、食事はしていたのですが無職の時はどうしても日中は外に出る気が起きず、あたりが暗くなってきた頃にそそくさと出かけてスーパーで大量購入し、また家に籠る生活を送っていたため、食事の時間もかなり不規則。栄養のバランスもあったもんじゃありませんでした。部屋に閉じこもってお酒を飲む時間も増えたりして1か月で体重が10㎏ちかく太ってしまいました。幸い知り合いの伝手で無職期間は2か月で終わりましたが体重を元に戻すまで大変でした。

先立つお金がない

友達と遊びに行きたいのに先立つお金がない。当時彼氏にばかり遊ぶお金や食費を払わせてしまっていて申し訳なかった。周りが働いているのに自分だけが取り残されてるようで焦る。田舎の実家に住んでいたので近所の目を避けるため毎朝出勤している振りをしなければならない。一日中図書館にいたりしていたので働いている時よりも疲労感がひどかった。将来のことを考えると悲観ばかりしてしまうのと就職先が見つからないのとでとても焦燥感があった。

焦りを感じていました

退職した理由は、体調をくずしてしまったことが原因です。次の仕事に就くためには、まずは体調を整えることだと主治医の先生から言われました。しかし、なかなか体調は良くならず、とりあえず正社員ではなく派遣社員やパート社員での応募をすることにしました。体調のこともあってか派遣会社に登録し、何社か応募しても全くしょうかいしてもらえず。パート社員のほうは、主婦や扶養内勤務を希望している方にどうしても優先されてしまう。周りの知人・友人は結婚したり、正社員として働いているという話を聞くとどうしても焦りを感じていました。

借金をすることで本当にいろいろな人に迷惑をかけてしまった

私は自分で言うのもおかしな話ですが、本当に自分の事をくずだと思っています。借金をすることで本当にいろいろな人に迷惑をかけてしまいました。ですが、また同じ過ちを何度も繰り返してしまうのです。病気です。同僚の先輩にも3年くらいマジで病院に入院したほうがいいんじゃないの?と言われました。本当にそうだと自分でも思います。具体的な出来事は、私は仕事が本当に嫌な人間でした。できることならずっと遊んでくらしたいそう思っていました。しかし、生活をしていくためにはそうもいきません。働かなければ生きていくことはできません。しかし、人間関係が原因で職場にいずらくなり、退職をしました。それからは飯などをつなぐに単発のバイトで高校生などに仕事を教わり、怒られております。つらいです。

自身の人間性や人格のすべてを否定されているようで

面接を受けて不採用通知をうけるたびにキャリアだけでなく、自身の人間性や人格のすべてを否定されているようで、どんどん自信が無くなっていく。そして自信が無くなる、面接時の態度に出る、不採用になる、さらに自信が無くなるの悪循環に陥る。また、多少の貯金をしており、娯楽費を削れば、家賃・光熱費・食費などの生活費はまかなえると思っていると甘い。現在の収入はまったくないのに去年の収入をもとに各種税金はどんどん徴収されていき、特に国民年金は厚生年金の3倍程度、国民健康保険は2倍程度の額に達するので、税金による支出が最も多くなり多少の節約ではまにあわず、生活そのものが破綻することをひしひしと感じるようになり何度も死にたいと考えるようになる。金がなくなる前に首つり用の12mmクレモナロープは購入していたほうが絶対いい。

そもそも求人が少ないのではないか

仕事を辞めてから特に失業手当が出るまでの間の生活が苦しかったです。就活が長引く可能性もあったので、仕事をしていた時のように友達に誘われても飲みに行けなかったり、かわいい洋服を見つけても買えなかったり、娯楽を我慢せざるを得ないことが多かったです。再就職が難しいといわれる年齢(30代後半)でもあったので、これまでの自分のキャリアを適切に評価してくれるかどうかの前に、そもそも求人が少ないのではないかということも不安要素の一つでした。

求職活動も不利になりお金も無くなっていくという悪循環

彼女と同棲中に無職になりました。求職活動してはいましたがなかなかうまくいかず、友人たちからは彼女のヒモ呼ばわりをされ、別れて実家に帰ろうかとも悩みました。求職活動も面接へ行くための交通費や身だしなみを整えるための散髪代、気づけば自分の貯金も底をついていきました。面接でも無職期間の何をしていたかを聞かれ、上手くポジティブに答えられず不採用。無職期間が長くなれば長くなるほど、求職活動も不利になりお金も無くなっていくという悪循環で、とてもイライラしていた時期だったと思います。

毎月かかる固定費がすごく気にかかる

無職になった翌日は、肩の荷がおりた感じでしたが、その日だけでした。2.3日すると預金は足りるか、毎月かかる固定費(例えば電話、携帯、ネット、ガス、水道など)がすごく気にかかるようになりました。毎日、何もしなくてもお腹はすくし、食料だけは減らせませんので。会社都合で辞めた時は、失業保険が入るまでの1ヶ月ちょっと、ものすごく変な緊張をしていました。これが自己都合だと3ヶ月になるので、見栄をはった人は大変だろうなと思いました。今はさすがに自己都合を選ぶ人はいないと予想していますが。それから新しい履歴書見本を作っておくのが大変でした。派遣で派遣先が変わったりしたところを加えたり微妙に削ったりして1枚に収めるのに四苦八苦しました。今はもっと欄が増えそうですが未着手です。(転職回数が多い人用の履歴書を探すか、作るか、どこに売っているか考えるのがおっくうです)いざという時の為には前もって作っておくのが良いとは思っています。

プライベートでも余裕を持って過ごせない

お金の心配というよりも、これから自分は安定した仕事につけるのかという不安が襲いかかります。毎日バイトや派遣で仕事をつなぎ、必死に働いて悩む時間を無くそうと思っていても、寝る前やテレビを見ているときにふと焦りを感じたり、落ち込んだりして眠れなくなる時もありました。それ以外に、友人や知り合いに会う時、家族と話すときにいつもつっかかりを感じて、プライベートでも余裕を持って過ごすことが出来ません。精神的に追い込まれます。

どんなに大変でも前職を辞めなければ良かったと思った

とにかく次の仕事が決まらず不安でした。次の仕事を決めず前職を退職しました。20代ということもあり、若さを過信して仕事先なんてすぐ決まるだろうと就職活動をしましたが、なかなか決まらずかなり不安な日々を送りました。実家暮らしだったため生活に困窮することはありませんでしたが、それでも日々減っていく貯金や、受けても受けても落ちる面接の日々で精神的にきつく、どんなに大変でも前職を辞めなければ良かったと思ったほどでした。

焦るばかりに何をやっても空回り

毎日働いていたのに、訳があり無職になってしまった時期がありました。住宅ローンにカーローンが残っていたので、これからいったいどうしたらいいのか呆然としたものです。一日一日と過ぎていくのと一緒に、貯金も減っていく。働きたいと思う気持ちとは裏腹に働くことが出来ない状況に苛立ちがつのる日々でした。家族には無理をしなくてもいいと言われましたが、内心はどう思っているのかと猜疑心が渦巻くのです。どうにか状況を打破したいと、焦るばかりに何をやっても空回りしていました。

いざ仕事がなくなり3日もたつと羽は伸ばし終えた

無職になったのは決まっていた仕事がなくなってしまったから。当時勤めていた会社には退職の話などをしていたためもう戻ることはできない。すこし羽を伸ばそうと軽く考えていた私だが、いざ仕事がなくなり3日もたつと羽は伸ばし終えた。友達は仕事をしているし遊んではくれない。収入がないのに出費はある。時が経つにつれて危機感を感じていた。でも決まっていた仕事がなくなった事にショックでハローワークに行くのには時間がかかった。

自分が不必要と判断され無職になったという事

外に出ると昼間は営業してるような人に出くわし、夕方は仕事帰りの人を見かける。次第に外出をしなくなった。常に社会からの疎外感、落ちこぼれ感がぬぐえず、泣かない日は無かったですね。収入が無くなる事への不安はもちろん、それよりも自分は今まで誇りを持って、人よりも活躍してきたつもりでした。馬車馬のように働く自分が好きだったし自分を誇れました。そんな自分が不必要と判断され無職になったという事を認めざるを得ない事がとっても辛かったです。

『無職になってしまった自分』への苛立ち

東京砂漠でなかなかの辛い仕事をして、ついに心身共に疲れ果てた私は、泣く泣く退職をして田舎に戻る決心をしました。さて、田舎に戻ったものの、かなりの打撃を受けた心身はしばらく回復せず、家に引きこもっている日々が続いたのですが‥その時はまず『無職になってしまった自分』への苛立ちと、今後の不安で正直毎日泣いて放心状態が続きました。更に追い討ちをかけるように、田舎特有の噂に苦しみました。『あの人仕事してないんだってーどうするつもりかしら』と言ったアレです(>_<)悪気が無いのが更に辛かったです‥。今では何とか仕事に就いていますが、あの時の辛さは忘れられません。

半年ほど貯金のみで暮らした無職期間

3年間働いた仕事をいきなりやめて、半年ほど貯金のみで暮らした無職期間があります。お付き合いしている彼女がいて一緒に住んでいましたが、彼女は社会人としてバリバリ働いいたので、いつも疲れた顔をして帰ってくる彼女にはいつも申し訳ない気持ちでいっぱいでした。貯金はありましたが、収入が無いため無駄遣いもできないし、毎年行っていた旅行にもその年は行くことができませんでした。収入はないが、毎月携帯代や水道光熱費などは払わなければいけないので、金銭面で苦労をしました。仕事をやめてから2ヶ月ほど経った時、あまり外に出歩かなくなりました。最低限のスーパーやコンビニのみで、半ひきこもり状態でした。結局彼女にこれ以上負担も掛けたくなかったので仕事を探し探し始めましたが、半年の間アルバイトなどもしていなかったため、その無職期間の説明に困りました。

どんどん貯金がなくなっていき

そこそこ、貯金があったので当分は働なくても大丈夫だろうなと考えていたのですが、失業保険を受け取り終えた後、どんどん貯金がなくなっていきました。これはまずいと思い、ハローワークで求職していたのですが、なかなか職が見つからずその間も貯金が減っていきました。貯金がそこを尽きるギリギリ前で幸いにも職につけたのですが、かなり不安な思いをしました。もう退職したくはありませんが、もし退職した場合は、この時の経験を生かして、失業保険を受け取る期間でもしっかり面接を受けて職を早く見つけるようにしたいです。

独身時代に買った時計やバッグ・貴金属を質に入れて

大卒後、大手電子メーカーのエンジニアとして勤めておりましたが、時間外勤務が月平均80時間以上あり身体的な問題から、結婚を理由に退職しました。たくさん話あって夫の収入だけでもなんとか生活できるだろうと考えていましたが・・・結果、夫の事業がうまくいかなくなり、貯金もすぐに尽きてしまうほど甘い考えでした。地方に移った為、就職先もなかなか決まらず、独身時代に買った時計やバッグ・貴金属を質に入れて生活費を補っています。一般的に金銭的な問題は十分に離婚の原因になるようですが、「人生そんな時もある」と心と金銭面で支えてくれたのが、以外にも私の両親でした。ものすごく感謝しています。いつか恩返しがしたいと心底思い、就職活動頑張っています!

誰も助けてくれないという不安

2年前に人間関係がうまくいかず仕事を辞めました。それから約1年間無職でした。何事にもやる気がおきず、次を探そうとするが、また人間関係でうまくいかなったらどうしようという不安でいっぱいで、再就職しようにもそれが恐怖で踏み出せませんでした。それと同時に押しつぶされそうになったのが、周りからの「働け」というプレッシャーでした。後にも先にもこれが一番の恐怖だったかもしれません。みんな敵にしか見えなかったし、だれも助けてくれないという不安と闘う毎日でした。

まだまだ就活は終わりそうにありません

前職は体調不良のために退職しましたが、このまま働けないのではないかととても不安になりました。毎晩眠れず、体が治っても退職は履歴書の傷になるのではないか、将来のために貯金したいのにできないし、両親にも迷惑をかけているのではないかといろいろとネガティブになって、そのことでも通院して薬を飲む毎日でした。一生このままだったらどうしようと思いました。体調は落ち着いても今度は就活がなかなかうまくいきませんでした。まず、職も多くはありませんでしたし、少ない中からようやく見つけても面接までたどり着いたものは数件。その面接でも落ちてばかりでした。なりふり構っていられないと思いなんでもかんでも受けてようやく採用されてももともと人を良く首にするところらしくすぐに辞めさせられました。悔しくてつらくてショックでした。また眠れない日々が続き、最近はそのショックからもなんとか立ち上がりつつありますが、まだまだ就活は終わりそうにありません。これから冬になるのでますます気が滅入ります。

やっぱり人間働いていないとダメですね

無職期間は三か月ぐらいありましたが、かなりつらかったです、。実家にいたのでまず肩身がすごく狭いですし、両親にはちくちく言われ、早く仕事を探さないといけない!という思いがとても強かったです。 まだ貯金があったので家には少しお金を入れていたので、よかったのですがそれがなかったら追い出されていたのではないかと思います。バイトですが、次の仕事が決まったときには心底ほっとしました。。やっぱり人間働いていないとダメですね。外とのつながりはとても大切です、。

近所の目が辛い

仕事を辞めたのはいいものの、何とも言えない虚無感に襲われ、次の仕事を探してから辞めればよかったと後悔しました。まだ、貯金がある内は少々遊んでいても気楽だったのですが、段々と時間が余るようになると焦りがでてきてしまいました。なので、次の仕事に向けた資格を取ったり、色々なセミナーにも足を運ぶようにしました。やはり、「近所の目」というのがどうにもつらく「あの人は昼間家にいるけど、何をしているのだろう」という感じの目線があったりして、自分で納得していても家にいるのに気がひけたりもしました。何もしていないというのも、楽なようで気分的にもすっきりしない感じがするので、やはり仕事があるのは有難いと思います。

貯金をはたいて引越し

私は一度無職になったことがあります。 会社で嫌なことがあり、今すぐにでも辞めたいという場面になり我慢も絶え絶えに会社を辞めてしまいました。辞めてからというものは会社の社宅はすぐに出ないといけない状況になりましたし、勤続3年未満でやめましたので退職金もなく貯金をはたいて引越しをしなければなりませんでした。引っ越したあとと言うものも、毎日やることも特になく、ただ外に出てお金を使うのは今後の生活のこともあるのでむやみにはできませんし、非常に不安でいたたまりませんでした。その後すぐに次の職が決まりましたのでよかったですが、二度とあのような感覚にはなりたくないです。

貯金が底をついたと同時に給料がもらえたとき

福祉系の仕事を人間関係で退職し、1年程無職でした。この先どうしようか...やりたいことも特になく、先の見えない不安が常にありました。さらに、退職後は年金や保険で役所に行くことが何回もあり、役所の職員みんなから冷たい視線を浴びているような気持ちになったこともあります。近所の人からは会う度に「あれ?今日は休み?」と聞かれて、最初はごまかしていましたが隠しきれなくなり退職したことを話した途端「どうして?何かあったの?」と詮索されて...それが嫌で、用事のないとき以外は家にこもるようになりました。今思うと半分鬱になっていたと思います。家にいてもお金はかかるもので、失業保険を貰っているうちは質素でも細々と生活出来ていましたが、失業保険が終了してからは一気にどん底な生活に...。次の就職先を見つけて給料が貰えるまではわずかな貯金を切り崩して生活しないといけません。なんとか就職先は見つかり、貯金が底をついたと同時に給料がもらえたとき、本当に嬉しくて涙が出たのを今でも覚えています。

お金がないと気持ち的に余裕もなくなり

体調が悪くて、仕事したくても仕事ができない苛立ちがあった。そのことを周りがなかなか理解してくれなくて、なんでみんな自分のことを分かってくれないのだろうと思った。家族は「仕事しろ」とうるさかった。無職のときは、今までの貯金で補い、税金や年金、保険を毎月支払っていた。そのため、お金がなくなることへの心配がかなりあった。 お金がないと気持ち的に余裕もなくなり、余計気分が下がった。次の仕事がうまい具合に見つかるか不安だった。

図書館へ行ったりして時間をつぶす

仕事がないということはやることもなく余計なことを考えてしまいます。生活の不安もありますし、将来のことも悪いイメージが先に来てしまうのでとにかく何かやることを見つけるしかありませんでした。ただ一日家にいてもすることがありません。ハローワークやネットで仕事を探してもすぐに見つからないし何時間もできることではないので図書館へいったりして時間をつぶすしかありませんでした。平日の昼間は人目もありますし過ごしにくかった時期です。

人間関係の維持の難しさ

仕事を辞めて無職の時には、前職の貯金で何とか暮らしていましたが、友人の結婚式などの費用を捻出するのがつらかったです。自分自身の節約は何とかなるのですが、社会人の友人との人間関係維持のための飲食費などをだすのがつらく飲み会にもあまり参加できなかったり、気を遣っておごってくれる友達がいても情けなくなり、金銭的なつらさは、自分のための服や靴が買えないというよりも、人間関係の維持の難しさや、プライドを傷つけられることのほうが精神的につらかったです。

無職としてのストレスをここで自由に好きなだけ愚痴ってください

無職というと、友人に『そういう時間も必要だよね』なんて言われることもありましたが、その友人は仕事を辞めた経験もないだったので、少しバカにされているのかなと劣等感を感じてしまうことがあり、ストレスでした。平日の昼間に外に出ていると、ニートって思われるのかな?とかも思ってしまいました。仕事を辞めたと言ったらいいなぁなんて言われたこともありましたが、いいなぁと羨ましいくらいであれば辞めてみればいいじゃない?とも思いました。自分はやめれないけどとか、嫌でもやるしかないからみたいな考えなのかわかりませんが、そんなことをいうのなら辞めてみなよと思います。それに辞めたいけどやめれないみたいないい方をする人って、要は本気でやりたいこともないから動いてないだけでしょとも思う。

結束が密な集落に住んでおり、普段から色々と気にかけていただいております。※我が家以外は私の父母より年配の方がほとんどです。情報伝達も早いのですが、それゆえ「私が無職」ということもすぐ広がります。皆さん心配してくれるのですが、そのお気遣いが当方にはプレッシャーになることもあり・・・今年から隣組組長になる手はずだったのですが、それも延期していただいたりと、皆さんのやさしさが辛いと感じてしまいます。1年以上無職が続き、100社以上不採用になってみると「私は世の中から必要とされていない」「こんな人間を雇うのは企業としてリスクなんだろう」と、考え方もネガティブになりそうに。障害&経験上、落ち始めると底なしなので、そうならないようにどうにかこうにか自身をもたせています。

働く意思があるのに、御時世で仕事が見つからず、無収入なのに、給付金には収入減の証明がいると言われました。全くなくなってしまったものを、どう証明したら良いのでしょうか。派遣会社では、30日未満の派遣仕事に就くには、条件(法)にクリアしなければならないと言われ、コロナとダブルショックで仕事が見つかりません。(諸事情により、長期で働けません。)一人暮らしの為、家にいて誰とも会わず、見つからない仕事を探しながら、この状態がいつまで続くのかと、暗いニュースを見ているしかありません。テレビでは政治家の方々が、なんだかんだとこねくり回しておりますが、その様子を見ながら、今は無職だけど、ほんのちょっと前まではきちんと働いて、税金も納めて、各種手続きもきちんとして、これからだって払う予定だったのに、何も助けてくれない。無職になった時期が悪かっただけなのに、どうしてこんなに蔑ろにされるのか。 とても腹が立ちます。

「暇はあっても金がない」と思ったのが、「心が休む暇もなく、余裕を作る金もない」に認識を改めさせられた。まして職場でのストレスが原因で精神的・肉体的両方の病気になり、10年以上も続くと、診察代や薬代だけでもかなりの金額になるので、バイトや派遣で少し稼いでもあっという間にお金が無くなり、病気の悪化を招いてしまう。仕方なくよりお金の稼げる業務を選ばざるを得なくなり、病気の悪化…という「終わらない貧乏スパイラル」の地獄を招いてしまい、自殺も何度考えたことか。最も、自殺しようにもうちの田舎だと電車飛込したくても1時間に1本だから話にもならないし、首吊りとかしたくても、道具を買うお金も、できる場所もない。再就職や派遣も、田舎では既に行けるところはお断りされ、県外に出たくても片親なので信用が無く、アパートも借りることすらできない。生まれた場所が悪かった、絶望しかない…。

私の無色としてのストレスといえば、「このご時世なのだから仕方がない」と周りから言われることです。私たちにだって生活があるのです。補償金30万で、何をしろというのですか?実家暮らしの場合は良いかもしれませんが、一人暮らしをしていると、もって2ヶ月です。何か保障といえる素敵なことならば、いつまで続くとも分からないコロナ事情なのです。できることなら、継続して頂いて毎月30万保障しますと言ってくださったほうが安心して暮らすことが出来ます。そのあたりを、国や政府や都知事は分かっていないと思います。今、自分にできることを考えるのは、子供にだってできます。もっと、国民のことを考えた発言や提案をしてほしいと思います。このままじゃ、コロナじゃなくても違う病気になってしまいそうです!

とにかく自分に無力を感じる。契約期間がある仕事ばかりで生きてきた結果かと思います。でも生きていくしかないので、前を向く。不安だらけですが、動くしかないのかなと思います。勉強を続けながら、しかし自己分析ができてないのかな、自分にできることは何か?しっかりと頭の中で考えたいと思います。しかし自分にアドバイスをくれる方がいないのかなと思い、コミュニティーやzoomに参加して、何かを得ようともがいている自分がいます。キンコンの西野さんYouTube見ながら羨ましいなと思ったり。メンタリストダイゴさんのYouTubeを見ながら羨ましいなと思ったり、無料で何でも情報が手にはいる世の中はすごいなと思います。無料の情報も氾濫してますが、何か前に進みたいです。

自分は海外留学をしており、現在帰国中です。はっきりいって日本の雇用形態や「完璧主義」が多くの無職を生み出していると言わざるを得ません。日本は最低でも中学校までを卒業することができ、私が留学している東南アジアの国とその周辺諸国と比べれば、その経歴は極めて高い水準になります。国内でも「高学歴ニート」が問題視されていますが、日本人の無職者はすべて世界基準でいえば全員「高学歴ニート」にあたります。ですので、そもそも全員「働く能力がないから働けない」わけではなく、そのほかの日本独特の意味のないように見える「ビジネスマナー」が「仕事をしよう」とする意志を阻害しているように思えます。東南アジアの国々では名刺交換もメジャーではありません。握手して笑顔で「Nicetomeetyou」といえば終わりです。Facebookのフォローが名刺代わりです。職場に行ってもかなりの自由が利くし、全員定時で帰るし、「お客様は神様」という文化はなく文字通り「客と店員は平等」なので、きっちりとした接客をしなくてもお客も文句を言いませんし、店員も怒られたりしません。そりゃ、みんな「働きたい」って思いますよ。日本はそういうところを変える、またはそこに手を加えている企業はより多くの労働者をこの超高齢化社会時代に確保できると私は思っています。

退職に関して両親に相談することもなく、辞めた後に事後報告の形で両親に話したこともあって、結構長い間ぐちぐちと言われました。この時はアルバイトにも落ちて完全ニート状態だったので、今考えると反抗する権利はないのですが、当時は自分の好きに生きたかったので、仕事を辞めたのも自分の勝手だろうと実家にいながらも思っていました。しかし、両親からの問い詰めが当時は相当なストレスになって外出するのも億劫になっていたのは確かだと思います。また、無職になって暇になったことが意外とストレスになっていました。仕事をしていた時は時間が欲しいと言い続けていましたが、実際に暇な時間ばかりができてしまうと、趣味に対してもやる気が起きず、でも何かしないとなという思いはずっと頭にあるのであまりゆっくりも出来ず、といった生活が長いこと続きました。本当にやる気が起きず、基本的には布団で横になっているだけの生活だったので、健康にも悪く無駄にストレスもたまるという謎の生活を送ることになってしまいました。無職でいいこともありますが、結局は何か仕事をしていかないと趣味も趣味にならないし、自由な時間を有効に使うことも出来ないなと感じる無職期間でした。

私は現在何とか頑張って探したアルバイトをしながら生きていますが、無職だった頃の期間の苦しみは多分一生忘れないと思います、なぜなら本当に辛かったからです、なぜ無職は辛かったのかというと単純にお金が無いからです、お金が無いと家賃も光熱費も携帯電話の支払い全てが出来ません、もちろんご飯を食べる事も出来ません、こうした事から私が無職の時は電気とガスは止められて携帯電話も使う事が出来ず‥本当に地獄でした、アルバイトの面接のアポを取るにしても電話BOXまで行きかけなくてはならず‥お金が無いので知人や友人や身内に借りたりして電話をかけたりする始末でした‥、この時数十社の会社に面接を落とされましたが私のストレスは本当に最高潮まで行き精神的にも極限状態でした、社会のせいだ!とか何で自分ばかりこんなに苦しい思いをしなければならないんだ!といった具合に思った日も何回もありましたが、結局これが自分の人生であって運命なんだな‥と受け止めて冷静になり、腐らないで何とか頑張って仕事を見つけました、またいつクビになって無職になるか分からないので現在はアルバイトでは無く正社員として雇ってくれる会社を探しながらアルバイト生活をしています、何とか頑張って生きて行きたいと思います、文章が下手くそで申し訳ありませんが、個人的には愚痴を言わせてもらい非常にスッキリしました、ありがとうございました、失恋致します。

いろいろな事情で仕事を辞めているのに会社の面接では「転職回数が多いのは何でですか?」とか言われるけど、それぞれ理由を説明してもどうせ「いいわけだな。うちに採用しても長続きしないんだろうな」みたいな目で見てくる採用担当者は本当に嫌ですね。横柄な態度をとってきたり上から目線でこられると「この会社はこんなもんなんだな」って思われちゃいますよ。それにしても東京は無職な人間には生きずらい場所ですね。家賃も高いし、税金も高いし、物価も高いし。次の夢に向かっている人に対して都や国がもっと助けてくれるようになればいいのに。今は自粛だから仕方ないけど、面接が延期になったりするし働き口が見つからない人は生きていけないんだよ。

やはり社会人ということで、無職というのは職業でもなんでもなく、生活リズムを保つためにも、生活に張りを与えるためにも、社会に貢献できる仕事に一日でも早くつきたいと考えています、、、だけど仕事がもらえない!こんなに働きたいといっているのに!毎日筋トレや英語の勉強などに回せる時間は嬉しいけれど、体力が無駄に有り余っていて、このエネルギーを仕事で発散したいです!時間は嫌というほどあっても遊ぶお金がないので外出も出来ないし、美味しいものを食べに行ったりも出来ないし、なんせ楽しくない!早く就職して、豪遊とまでは言わないけれど、有限ではない自分の人生の「いま」という時間を大切にし、楽しみたいです。誰か、仕事を下さい。

働き出して思うのは職があるってサイコー!という感情とニート戻りてえー!というのが交互に来ます。みんなニートになりたいんだろうけど、てか言うならやってみろ!保身に入って結局しないなら言うな!やれ!さいこーだ!ニートになれ!そんでやばくなってしたいことしろ!あと大半の企業や会社の上の奴等は今でもまだまだ頭が固い!今はもう令和やぞ!?どんだけいつまで昭和脳で生きてんだよニートだからってそんな差別すんなや令和脳になれや!!お前らの固い考えで下が育つもんも育たねえんだよ上の人間なら考えろ!あと人と遊びたくてもタイミング合わなくて会えなかったり話せなかったりしんどかった! 最初の2か月くらいは余裕だったのに!その期間を過ぎてからちょっとペットだけじゃ話し相手の限界があるから周りにニートがいるなら遊びに行ってやれ!!!

無職時代のストレスはかなりありました。ほとんど家にいて同じルーティーンばかり続けていたので、何事にもやる気が出ずだんだん鬱のような状態になっていました。イライラすることも増えたし外出することも億劫になってしまい引きこもりがちになりました。たまに外出してみても近所の人の目が気になったりして落ち着かず、マスクやメガネなどして変装して出かけたこともありました。日中エネルギーを使わないので夜も寝つきが悪くよく眠れないことが多かったです。悪循環を過ごす毎日だったので家の人にもストレスであたってしまい、迷惑をかけてしまっていたと思います。ストレス解消で食べ過ぎて体重も少し増えてしまっていました。働くのは嫌ですが仕事がなく家に引きこもってしまうのはもっとつらいことなんだと実感しました。

①無職であることの恥→定職に就いていない=恥だとする意識があり、自分の首を締める感覚がありました。同年代は毎日仕事をしてお給料を貰っているのに、自分は収入なしである現実に悲しさを感じました。自由があっても時間が有り余ることからその時間を埋めようと面接やバイトを入れても虚しさは変わりませんでした。

②周りからの目→無職でいることに家族は何も言わないですが、一日何をしていたのか、それを聞かれたときは辛かったです。何もしていないと罪悪感を感じ、焦りました。また、無職で家にいると家族の言動にイライラして家に居ることが苦痛になることもありました。

無職としてのストレスは早く仕事を見つけないといけないという事です。やっと会社の上司からのストレスを受けなくて済むと思っていましたが辞めた後も仕事を探さなければというストレスに悩ませれています。全部自分が悪いです。その上親からも電話で怒られる始末。5年ぶりに説教されました。友達にも無職というと『やばくね?』など相談できる環境ではありませんでした。相談しも結局は自分の事ではないので全然相談に乗ってもらえませんでした。なんなら軽く友達にも説教されましたよ。仕事探さないといけない、親友達には怒られるで毎日ストレスがありました。けど自分の為に言ってくれているのはすごくわかりますが言い方が、むかつきもう就活の相談は友達にはしていません。

無職になる理由が、病気やケガなどの正当な理由だったとしても、自分のことを自分でできないのは本当につらい。家での居場所をなくす。別に好きで無職になってるわけじゃないんだから、多めに見てくれても良いと思う。働かざる者食うべからず的な雰囲気を醸し出さないでほしい。自分の子どもに追い討ちをかけるのはやめてほしい。親だからいろいろ面倒見たくなるのはわかるんだけど、社会不適合者と烙印を、自分の親に押された気がして、自信がなくなる。次の一歩が踏み出せなくなる。自分は絶対に、自分の子どもに追い討ちをかけるような真似はしないと心に誓った。どんなにダメな子どもでも、迷惑をかける子どもでも、きっとできると信じて、支配ではなく、サポートをしてあげようと思う。

無職でお金がない状態だと、気分転換にコーヒーを飲んだり人と会ったりすることもできず、体調を崩しても病院に行くことや薬を買うことすらためらわれ、人として最低限度の生活ができなくなりました。大切な人たちの大事な節目に思うようにお祝いができない辛さ、親切を受けてもお世話になってもそれに対し自分は返すことができないという惨めさ、苦しくて二度と味わいたくない思いばかりです。無職という状態が長引くにつれて自己肯定感もどんどん下がり、負の感情ばかりが渦巻いて苦しくてたまりませんでした。もう少しお金に余裕があれば違ったのかもしれませんが、貯金がほとんどない状態での失業は本当に苦しく、もう二度と経験したくありません。

安定した収入が得られない現状であること、外出自粛ムードの中、面接に行くための外出を引け目に感じること、面接に行く際の移動時に地下鉄に乗りますが、咳をしている人が近くにいると非常に深いです。収入がなくても家賃や税金、光熱費、食費などで貯金が減ること、収入がないから欲しいものを買う際に躊躇してしまうこと、無職であることを周りに打ち明けられないこと、無職だから時間はあるのに外出自粛ムードのせいで好きな場所に行くのも気が引ける、また、感染の恐怖からほとんど外出せず引きこもりがちです。なかなか合否の通知が来ないと不合格なのか不安になり、他の求人を探し応募するか悩むこと、面接を受けた企業に合否の連絡は2週間以内にする、と言われ待機期間が長く落ち着かないこと。

自分は無職の時は実家暮らしでしたので家賃光熱費の負担もなく本当に自分のことのお金しか必要なかったので必要最低限のバイトを入れて生活していましたがいざお金が必要になってしまった時に親にも頼れない仕事していないから普通の金融会社からお金も借りれない。最悪な悪循環でした。携帯の回線も止まったりしていたし親とも不仲になってしまったので車中泊などもあった。人それぞれ悩みなどがあって無職になってしまっていると思う。好きで無職なんてお金もちくらいだ、自分の場合は自分に見合う仕事がなかなか見つからないって理由でしたが仕事のせいにしていたが自分が弱いだけっていうのは自分が一番よくわかっていることだし自分でしか変えられることができないこと。 さて仕事しよ。

あちらこちらの人から、次は何の仕事するの?と会うたびに聞かれること。いやまだ人生楽しみ始めたところだから!水差さないでよ!と思っていました。しかも大体そう聞いてくる人たちって、自分は割とエリートな職に就いていて、仕事をすることが生き甲斐のような人が多いんですよね。決してそれが悪いとは1mmも思っていませんが、私の場合退職した理由が疾病だったので、そんなに仕事をする事が偉いのか?と思ってしまう時期も正直ありました。あと趣味で社会人サークルにいくつか入ったりもしていましたが、やはり初対面の人との最初の会話で必ずと言って良いほど聞かれるのが「現在どんなお仕事をしているんですか?」。この質問をかわすのがどれだけ大変だったことか。私の場合は働いていた経験があったので、その時のことを思い出してふんわりと伝え、すぐに相手に同じ質問をし返して深く聞かれないようにしていました。無職って、どうしても言いにくいなと思ってしまいます。ちゃんと働いていた期間はあったし、その時の貯金で今生きてるんだけどな…と思うんですけどね。事情を全く知らない人たちはそんなこと分からないし、仕方ないかなと思います。

無職借り入れを希望している人はこんな検索をしています

湖 無職でも借りれる 無職 借り入れ 激甘審査ファイナンス 無職でも 融資可能 即日振込できる金融 無職でも借りれるサラ金 無収入 カードローン セブン銀行カードローン 無職 無職 お金 作る 無職 借入 即日 コンビニ 無職 ローン 車 無職 融資 起業 無職、無収入でもお金借りれる所 カードローン 失業中 無職 専業主婦 銀行カードローン 雇用保険 カードローン 無職 キャッシング 2ch 約束 無職 ニート 今すぐお金が必要 至急お金が必要 無職 市町村 から お金 を借りる お金 を借りる プロ どうしても 今すぐ お金 が必要 失業保険 お金 借りる 無職無収入 でも お金 借りれる 所 無職 借り入れ激甘審査ファイナンス 今すぐ お金 必要 無職 今すぐ1,000円必要 無職 キャッシング 方法 マイナーカードローン カードローン 電話確認なし おまとめローン 電話確認なし 無職 専業主婦 借り入れ 総合支援資金 専業主婦絶対借りれる 専業主婦 無職 キャッシング ニート カードローン 専業主婦 ローン審査甘い レディースフタバ 湖 無職でも借りれる 無職 借り入れ 激甘審査ファイナンス 無職でも 融資可能 即日振込できる金融 無職でも借りれるサラ金 無収入 カードローン セブン銀行カードローン 無職 無職 お金 作る 無職 借入 即日 コンビニ 無職 ローン 車 無職 融資 起業 無職、無収入でもお金借りれる所 カードローン 失業中 無職 専業主婦 銀行カードローン 雇用保険 カードローン 無職 キャッシング 2ch 約束 無職 ニート 今すぐお金が必要 至急お金が必要 無職 市町村 から お金 を借りる お金 を借りる プロ どうしても 今すぐ お金 が必要 失業保険 お金 借りる 無職無収入 でも お金 借りれる 所 無職 借り入れ激甘審査ファイナンス 今すぐ お金 必要 無職 今すぐ1,000円必要 無職 キャッシング 方法 マイナーカードローン カードローン 電話確認なし おまとめローン 電話確認なし 無職 専業主婦 借り入れ 総合支援資金 専業主婦絶対借りれる 専業主婦 無職 キャッシング ニート カードローン 専業主婦 ローン審査甘い レディースフタバ 湖 無職でも借りれる 無職 借り入れ 激甘審査ファイナンス 無職でも 融資可能 即日振込できる金融 無職でも借りれるサラ金 無収入 カードローン セブン銀行カードローン 無職 無職 お金 作る 無職 借入 即日 コンビニ 無職 ローン 車 無職 融資 起業 無職、無収入でもお金借りれる所 カードローン 失業中 無職 専業主婦 銀行カードローン 雇用保険 カードローン 無職 キャッシング 2ch 約束 無職 ニート 今すぐお金が必要 至急お金が必要 無職 市町村 から お金 を借りる お金 を借りる プロ どうしても 今すぐ お金 が必要 失業保険 お金 借りる 無職無収入 でも お金 借りれる 所 無職 借り入れ激甘審査ファイナンス 今すぐ お金 必要 無職 今すぐ1,000円必要 無職 キャッシング 方法 マイナーカードローン カードローン 電話確認なし おまとめローン 電話確認なし 無職 専業主婦 借り入れ 総合支援資金 専業主婦絶対借りれる 専業主婦 無職 キャッシング ニート カードローン 専業主婦 ローン審査甘い レディースフタバ 無職 借り入れ 無職 借り入れ 無職でも借りれるソフトヤミ金 無職 融資 無職でも融資 無職でも借り入れ 無職 辛い 50万借りたい 無職 借り入れ 無職 無職でも借りられる 闇金 借りたい 無職 無職借り入れ 無職でも融資可能 無職でもお金借りれるところ 無職 融資可能 闇金 借りる 無職 カードローン 無職 借り入れ ブラック 無職 融資 無職でもお金貸してくれるところ 無職 借金 融資 無職 無職でもお金借りれる所 無職でも借りれる 無職融資 借り入れ 無職 100万借りたい 無職 マネークリップ 金融 闇金 無職 無職で借り入れ 無職 つらい 無職でもお金借りれる 無職借り入れ お金がない 無職 キャッシングが通らないなら極甘審査ファイナンス 無職 借り入れ 可能 無職でも借りれる金融 無職 50万 借りる 無職 闇金 借り入れできるところ 長期延滞中でも借りれた 無職ブラックでも借りれる ソフト闇金 無職 無職辛い お金貸します 無職 5万 借りる 無職 カードローン 審査なし 無職 無職 金借りる 無職 金融 無職 ブラックでも借りれる 即金 無職 無職 金貸し 無職でも借りられるお金 10万借りたい 無職 助け て お金 が 借りれ ない 無職でも借り入れできる お金借りる 無職 無職で融資 無職でも借りれる消費者金融 5万借りたい 無職 神金融 無審査キャッシング 激甘審査ファイナンス ニートでも借りれる 主婦でも借りれるカードローン 極甘審査ファイナンス 無職 でも 借り れる 街 金 無職 ローン 無職 お金借りたい 無職 融資 可能 無職 不安 ブラックでも借りれる金融機関極甘審査ファイナンス 消費者金融 審査 無職 即金 ブラックリスト 専業主婦他社借り入れありでも絶対借りれる銀行カードローン 借金 無職 無職 融資 闇金 無職 借金 できる 無職 でも 融資 可能 無職でも借りられるカードローン 無職でもお金を借りたい 無職ローン 無職金貸し 50万円 貸してくれる人 お金 が 必要 なのに どこから も 借りれ ない 無職 貯金 尽き た 無職 どうしよう 無職 借り入れ 激甘審査ファイナンス 無職 サラ金 長期延滞中 融資可能 無職でも借りれるローン 無職つらい 超ブラック キャッシング 街金 無職 無職でも借りれる お金 お金 借りる 無職 消費者金融 無職 消費者金融 無職 審査 お金を借りたい 無職 無職でもお金を借りる方法 無職で借りれる 無職 借り入れ 方法 無職でも借りれるサラ金 無職でもお金を借りる クレジットカード 審査なし 極甘審査ファイナンス 無職 借りる 絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス 無職でも借りれるキャッシング 10万円借りたい 無職 お金ない 無職 絶対借りれる消費者金融極甘審査ファイナンス 無職でお金借りれる 無職 キャッシング 激 甘 審査 ファイナンス 無職でもカードローン 無職融資可能 無職期間 辛い ジョニーの匿名審査 無職不安 無職 どうやって 生活 ブラック 無職 借り入れ 無職は辛い 無職 借り入れれ 無職 借りれる 無職 消費者金融 無職 キャッシング 絶対借り入れできる キャッシング 無職ok お金借りたい 無職 ローン 無職 カードローン 無職でも 無職でも借りれるお金 無職お金借りたい 無職 消費者金融 借りれる 無職 借り入れ可能 無職でもお金を貸してくれる所 クレジットカード 審査甘い 極甘審査ファイナンス ブラック借り入れ 無職金借りる 無職 お金がない 無職借金 今すぐお金を借りたい 無職 キャッシング 申し込み 極甘審査ファイナンス 金借りる 無職 無職でお金を借りる 無職でもお金が借りられる 20万借りたい 無職 お金借りる方法 無職 無職 お金が必要 お金を借りたい無職 審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社 ブラックでも借りれる消費者金融 ランキング 無職 借金したい カードローン 無職 審査 ニート 借り入れ お金がない無職 20 万 借り たい 無職 ぶら っ く の 人 でも 100 万 円 借り られる ところ 仕事決まった お金借りたい 無職 借りる お金 仕事してなくてもお金借りれるところ フクホー 延滞中でも借りれる 無職キャッシング 超ブラックでも借りれる サラ金 無職 主婦カードローン 極甘審査ファイナンス 無職 貯金 切り崩し 無職 なんとかなる 主婦 キャッシング 極甘審査ファイナンス 今すぐ借りたい 激甘審査ファイナンス 消費者金融一覧 激甘審査ファイナンス 消費者金融 審査 甘い 2ch 専業主婦ブラックキャッシング 一人暮らし 無職 不安 辛い体験談 無職 銀行 借りる 金貸し 無職 無職 お金 無い 激甘キャッシング ブラック 無職 仕事が決まらない お金が無い 無職 300 万 借りる 仕事 決まっ た お金 借り たい ニートでもお金借りれる ブラック お金 借りる 方法 無職で借り入れ 仕事 決まらない つらい 借金100万 無職 無職 寝てばかり 不安 無職 お金ない 助けて 無職 いつまで お金がない 借りられない ジョニー 金融 一人暮らし 無職になった ニート お金を借りる 神 対応 キャッシング どうしても50万借りたい 生活保護 街金 任意整理中 クレジットカード 2ch 無職でも借りれる街金 破産 後 即日 キャッシング 生活 保護 でも 借り れる 街 金 ブラックでも貸してくれるところ SMBCモビット増額 極甘審査ファイナンス ジョニー匿名審査 闇金以外でブラックでも借りられる ライオンズリース 審査 落ちた 呆然とした不安 無職ok 無職でも 消費者金融 無職 借り入れ カードローン 無職 無職 お金を借りる 無職 お金借りる 借り入れれ 無職 無職 カードローン 無職 でも借りれる 無職 でも借りられる 無職 お金かりれる ブラック 借り入れ 絶対新さ緩い 山形 絶対審査緩い 島根 カードローン ニート 無職 お金借りれる お金を借りる 無職 お金 借りる 方法 無職 5 万 借りる 無職 銀行 お金 借りる 無職 お金借りる無職 キャッシング 審査 甘い 即日 融資 お金 借りる ニート 無職でもok 無職 お金 借りる 無職貸付 ブラック 借り入れ 無職でも収入があって5万貸してくれる所 お金借りたい ブラック ブラックの人でも借り入れできる街金融 無職借り入れ可能 絶対新さ緩い 奈良 ブラック お金借りる ブラックの人でも借りられる金融 無職 金貸 無職でも融資可能な会社 キャッシング 無職 お金借りれる所 絶対新さ緩い 山口 無職ok キャッシング 絶対借り入れ出来る 多重債務だけどお金を借りたい ブラック借り入れ キャッシング ブラックok 絶対新さ緩い 三重 無職でも融資が受けられる会社でも ブラック お金を借りる お金 借りる ブラック お金を借りたいけど借りれない お金 借りる 無審査 激甘審査ファイナンス 借り入れ できる ところ 借り入れできる所 無職でお金を借りる方法 即日融資 無審査 無職 無職お金を借りる カードローン 選び方 今日ブラックでも借りれる金融 カードローン 即日融資 極甘審査ファイナンス 銀行 お金借りる 無職 無職 借金 方法 ブラックでお金貸してくれない人は何処で借りるの? アイフル 無職 無職でもお金を借りれる ブラック 借りれる ブラックでも確実に融資してくれるヤミ金 絶対借りれる 主婦でも借りれる カードローン 極甘審査ファイナンス お金 借りる 多重 絶対新さ緩い 青森 ブラックok キャッシング 無職でも借りれるカードローン お金を借りる無職 無職でも借り入れ出来る会社 消費者金融 フリーター キャッシング審査甘い多重ブラック ブラックお金借りる 即日融資 激甘 お金 借りる 即日 無職 働いてない お金を借りる お金借りたいけどブラックリストです お金借りる 無職でもok 現在ブラック 他社借り入れあり 借りれる 消費者金融 無職 借り入れ 無職でもok お金借りる 働いてなくてもお金借りれる 無職 お金を借りる方法 カードローン 審査 無職 審査に通らないけどどうしてもお金借りたい ブラック 融資 仕事無しで借り入れ お金借りる ブラック 無職でもok お金を借りる 借り入れ 審査 無職 主婦 無職 借り入れ ブラック 借りる 即日融資 審査甘い 闇金以外 金 借りる 無職 無職 お金 仕事をしてなくてもお金を借りる 無職でもお金借りたい キャッシング 即日 ブラック お金を借りる方法 無職 ヤミ金以外 キャッシング ブラックでも借り入れできる 消費者金融 ニート 無職でもお金が借りれる 申し込みブラックでも借りれる銀行 他社 5 件 でも 借り入れ できる ブラックお金借りたい 消費者金融 住宅ローン 5万借りる 無職 無職だけどお金借りたい すぐお金借りれるところ 絶対借り入れ出来る 借り入れ お金 借りたい 無職 ブラック お金借りたい 多重債務者でも借りられるヤミ金以外の金融会社情報 ブラック 借り入れ 可能 街金 審査 通らない 無職 お金 借りる 2万 絶対新さ緩い 島根 銀行 お金を借りる 無職 ブラックキャッシング 可能 闇金以外 ブラックお金を借りる 銀行カードローン 即日融資 極甘審査ファイナンス 延滞中でも借りれるところ 絶対に借りれる 大阪 街金 即日 即日融資 無審査 口コミ 破産しても通りやすい金融会社 消費者金融 ブラックリスト 借り入れ 無職でもok ローン 長期延滞中 借りれる ブラックでも融資してくれる所 10万円 借りる 無職 審査 緩い 街金 絶対に借りれるカードローン お金借りれない 無職 絶対借り入れ出来る 借り入れれ ブラック借り入れ可能 ブラックリストでも借りれる 無職は借りれない 消費者金融 履歴 住宅 ローン 絶対に借りれる金融 お金 絶対借りれる 働いてないけどお金借りたい キャッシング ブラックok 即日 絶対借りれるヤミ金 絶対10万円借りれる所 無職 カードローン 無職になった 働いてない お金借りる ローン 無職でも借りれる 申込みブラックでもお金借りられる 無職 金 絶対借りれるキャッシング 金借りたい 無職 借り入れ ブラック キャッシング 審査 無職 無職 お金借りる 方法 お金が借りれない 金借りる無職 借りる 無職 絶対借り入れできる ブラック借りれる金融 ここは貸してくれる 審査の緩い消費者金融 3万借りたい アイフル 審査 無職 無職 お金 借りたい 無職 お金借り入れ お金を借りる ブラック 無職 お金を借りる 方法 無職 借りたい 無職 お金を借りたい 絶対借りれる金融 無職 アイフル 働いてない お金借りたい 即日キャッシング ブラックok お金 借りる 延滞中 多重債務でも借りれる 任意整理中 キャッシング カード ローン 無職 お金借りれる場所 失業中ok キャッシング カードローン ブラック 極甘審査ファイナンス 他社借り入れあっても借りれる 借りたいのに借りれない 借りれる金融 ブラック お金 借りる 延滞中でも作れるクレジットカード キャッシング ブラックでも借りれる 絶対借りたい 審査に落ちるでもお金借りたい お金借りる 絶対借りれる ブラックでお金を借りる方法 無職 お金を借りるには ブラックでも借りれるキャッシング アルバイトでもお金借りれる 仕事してない お金借りる すぐに借りれる金融 消費者金融 無職でも借りれる 絶対借り入れ可能 お金借りる 2万借りたい 絶対新さ緩い 秋田 失業中 借り入れ 主婦 無職 カードローン お金 借りる 3万 無職でお金を借りたい お金 貸し ます 無職 借金あるのに無職 無職でもキャッシング 自己破産でも借りたい お金を借りる 無職でも借りれる お金借りる 無職でも借りれる 無職 カードローン 審査 お金が必要 借りれない ブラックでも借りれる金融会社 ブラック 融資 キャッシング 審査 甘い キャッシングエニー 取り立て 消費者金融 デメリット 無職でもお金借りられる 無職でも借りられる キャッシング 借り入れ ブラック 無職お金借りれる キャッシング 即日融資 無職 キャッシング 絶対借りれる 無職でも借りれる お金を借りる 多重債務者でも借りられる お金 借りる ブラックリスト 無職でも借りれる お金借りる 無職でお金借りる方法 即日キャッシング 無審査 自己破産 キャッシング 即日 無職がお金を借りる方法 キャッシングエニー 落ちた 絶対借りれる融資 審査 無職 ブラックリストでもお金を借りる方法 キャッシングエニーはヤミ金 無職お金借りる ブラック 融資可能 延滞中でも融資 絶対に借り入れ可能 お金を借りる 必ず借りれるキャッシング キャッシング 審査 通らない 絶対 借りれる カードローン 極甘審査ファイナンス 審査 2ch カードローン 絶対借りれる ブラックでも借りられる銀行 お金をなんとか借りたい 多重債務でも借りる ブラック借り入れブラックわけあり金融即日融資カードローン キャッシング 審査 甘い 口コミ 無職でも借りれる ローン お金 無職 キャッシング 審査通らない 延滞者でも借りれる お金 借りる 自己破産 絶対借りれるキャッシング|絶対借りれるキャッシング極甘審査 キャッシング どこも借りれない わけありでお金借りる 絶対借り入れ可能 お金を借りる 消費者金融 どこも 借りれない お金を借りる フリーター ブラック融資可能 借り入れれ 絶対借りれる お金借りたい ブラックリスト 仕事してなくてもお金借りれる 無職 確実に借りれる金融 お金借りれない 金 借りる 方法 無職 絶対審査通る お金かりれる 無職 キャッシング 即日 ニート 今すぐお金が必要 街金 ブラック 即日対応 債務整理中でも作れるクレジットカード 無職でキャッシング お金を借りる ブラック お金を借りたい キャッシング 即日融資 極甘審査ファイナンス キャッシング 無職でも借りれる 多重債務 延滞中 ブラック おまとめローン ブラックでも融資可能な銀行 10 万 円 借りる 無職 無職 お金 ない 専業主婦でも借りれて債務整理後でも借りれるところ 無職 キャッシング 消費者金融 無職 お金借りる方法 ブラックでお金を借りる キャッシング 無職 即日 カードローン 失業中 借り入れ 無職 お金 借りる方法 ブラックでも必ず借りれる 借り入れ ブラックok 絶対新さ緩い 静岡 無職 お金 借りる 方法 キャッシングエニー 延滞中 キャッシング 通らない ブラック お金 借りたい 無職 仕事 無職でも借りれる 所得なし証明でも借り入れれ可? ブラック キャッシング 即日 お金貸してくれる所 ブラックでも借りれるキャッシング口コミ 消費者金融 借りれない 絶対新さ緩い 富山 借り入れ 絶対借り入れ出来る 無職 10万円 お金かりる 絶対審査通る お金借りたいブラック キャッシング 審査 甘い 多重 お金 借りる 激甘審査 ファイナンス 延滞中でもお金借りたい カードローン 即金 絶対新さ緩い 佐賀 お金 が ない 無職 ブラックでもお金借りたい お金借りる 審査緩い お金借りる わけあり お金借りるわけあり 必ず貸してくれる金融 お金借りれるとこ すぐ借りれる金融会社 無職 お金 借りれる 金がない 無職 キャッシングエニー ヤミ金 ブラックでもキャッシング ブラック金融 お金借りられない 他社借り入れあり 絶対借り入れ可能 派遣登録後 無職融資 今日中にお金が必要 無職 キャッシング審査通らない キャッシング ブラック ok 無職 お金借りるには 他社に借金があったら借りれない? カードローン 失業中 消費者金融 ダメ すぐにお金を借りれる所 無職でお金借りる カードローン無職 他社借り入れあり 借りれる 絶対お金貸してくれるところ 絶対借りれる キャッシング 消費者金融 住宅 ローン お金借りれる 無職 消費者金融 極甘 審査 ファイナンス 即日融資審査甘い@即日キャッシング即日融資審査甘い闇金以外 絶対借りれるローン キャッシングエニー 審査 ブラックの人がお金を借りる方法 キャッシング 即日 審査 甘い 長期延滞でも借りれる 1、2万でもいいから借りたい ノーローン 借り方 任意整理中 融資可能 お金借りれるところ ブラック融資可能極甘審査ファイナンス すぐにお金が必要 無職 審査通らない 無職お金がない 無職お金ない うつ病 無職 焦り お金借りる 絶対審査通る ブラックキャッシング即日融資|即日融資でブラックキャッシング ブラックリストでも借りれる銀行 お金借りる 審査通らない 消費者金融 審査 ニート 無職 お金 借り たい カードローン 極甘審査ファイナンス お金 借りれない 借りたい ブラック お金を借りる方法 安心できる金融会社 キャッシング ブラックでも すぐにお金を借りれる 自己破産したからお金借りられない。 即日融資 延滞中 派遣登録だけで貸してくれる 今すぐお金を借りる 無職 ブラックがお金を借りる方法 ブラックリスト 借り入れ 絶対借りれる消費者金融 すぐ借りれる金融 ブラックだけどお金借りたい ブラックでも借りられるキャッシング ブラックリストでも借りれるカード SMBCモビット 無職 お金を借りる ブラックok 融資 ブラック 無職 かりる 無職 お金かりる 無職金がない 無職 お金ない 絶対に借りれる キャッシング 銀行 カードローン 無職 債務整理中 即日融資 自己破産でも借りれる 無職 借金する方法 無職 金がない キャッシング ブラックでも通る ブラックでもお金借りれる所 キャッシング エニー 審査 お金 借りる フリーター 無職 お金をかりる 無職 お金が無い 働いてなくても借りれるお金 お金かりる 無職 消費者金融 借り方 無職 50 万 円 貸し て くれる 人 誰でも借りれるキャッシング すぐお金借りれる所 ブラック リスト 借り入れ お金借りる フリーター 借り入れれ 絶対借り入れ出来る 銀行カードローン 審査甘い 極甘審査ファイナンス お金かりる 絶対借り入れできる 50万貸してくれる人 多重債務者でも借りれる 即日キャッシング無審査 生活保護 ブラックリスト バイトでもお金を借りる 任意整理中でも作れるクレジットカード 消費者金融 カードローン 極甘審査ファイナンス 絶対に借りれる お金借りる 信用情報が悪くても今すぐ貸してくれる所 金借りる 会社名記入無し 無職 銀行 無職 借り入れ 即日 働いて1ヶ月 借り入れ 失業中 キャッシング 50万円貸してくれる人 どこからもお金借りれない 債務整理中 キャッシング お金がないとき 無職 消費者金融 通らない 絶対審査通る お金を借りる 失業中 カードローン 激甘審査 消費者金融 すぐにお金借りたい 任意整理クレジットカード極甘審査ファイナンス キャッシングエニー 評価 お金借りたいけど借りれない 審査 ゆるい お金を借りたいが審査が通らない お金借りれない相談 銀行カードローン 即日融資 激甘審査ファイナンス 自己破産者でもかりられる町金 カードローン ブラック 借りれる 今すぐお金が必要 無審査 無職 借金 返せない 債務多い専業主婦借りる ブラックリスト 借り入れ 今すぐお金が必要 無職 ニート お金 借りる キャッシング 無審査 即日 キャッシング 審査 通ら ない カード ローン 絶対 借り れる 無職 お金 必要 キャッシングエニー 即日融資 多重債務お金借りる お金貸します 大阪 自己破産後 キャッシング お金を借りれる所 お金借りれる 絶対借り入れ出来る お金を借りる 絶対に借りれる キャッシングエニーお金借りる キャッシング審査甘い即日融資 ブラック 融資 可能 今 すぐ お金 が 必要 無職 専業主婦 無職 キャッシング 絶対借りれるカードローン 無職期間 1年 お金借りる 絶対に借りれる 超ブラックでも作れるクレジットカード ブラックでも借りれる銀行 絶対審査通る 借金 お金借りれる 絶対かりれる 多重債務者でもお金を借りる ブラック可能 お金借りる お金借りる ブラック可能 任意整理中でも融資可能 無職期間 3ヶ月 お金 借りる 極甘審査 ファイナンス お金を借りる 絶対審査通る 絶対に借りれる 消費者金融 すぐお金貸してくれる所 ブラックでも貸してくれる金融 ブラックリスト 借りられる ブラック借りれるサラ金 ブラック 借りれる 金融 絶対借りれる 消費者金融 破産者融資口コミ ブラック 金借りる 街金 審査落ち ブラックでも借りられる金融会社 自己破産 無職 キャッシング 審査 甘い SMBCモビット キャッシング おすすめ 極甘審査ファイナンス 消費者金融 スレ キャッシング即日 絶対に借りれる わけありローン@キャッシング・消費者金融カードローンわけあり アイフル 無職 借り入れ 絶対貸してくれる消費者金融 生活保護でも借りれる金融会社 絶対に借りれる お金を借りる ブラックでも絶対借りれる 借り入れ ブラックok ブラックでも借りれる消費者金融口コミ ブラックでもok お金借りる 借金 絶対審査通る 会社連絡なしで3万だけお金を借りたい カードローン 無職でも借りれる 即日融資 極甘審査ファイナンス お金かりる 絶対に借りれる 借金してても借りれる 無職お金を借りる には ブラックリストでも借りれる金融 審査緩い消費者金融 アイフル 無職 借り入れ ブラックでもお金を借りれる所 お金借りるブラック ブラックでも借りれる銀行ローン 仕事 見つから ない 焦り 絶対 お金 が 借り れる 所 キャッシング審査通らない|即日融資のキャッシング審査通らない キャッシング通らない 転職 決まらない 辛い 即日融資 激甘審査ファイナンス 破産者でも借りられる所 審査のゆるいカードローンで即日借り入れランキング お金が借りれる所 ブラックでも借りられる金融 ブラックリストのキャッシング審査甘い 消費者金融 絶対ブラックでもお金借りれる金融機関 延滞中でも借りれる 審査緩いキャッシング即日融資|即日で審査緩いキャッシング お金貸してくれる人 無職 借金 審査なし 主婦 借り入れ 極甘審査ファイナンス 主婦借り入れ極甘審査ファイナンス お金借りる 絶対借り入れ出来る キャッシング 審査 ブラック キャシング 審査甘い 将来 不安 無職 お金を借りる ブラックでもok お金 借りる 債務整理中 ニート お金借りる 無職 ローン 審査 銀行カードローン審査甘い極甘審査ファイナンス 自己破産でも借りれる銀行 誰でもかりられる お金借りれる 大阪街金口コミ 妊娠 貯金なし 無職 お金借りる 多重 滞納者 お金借りる 極甘審査ファイナンス 消費者金融 どこも貸してくれない 絶対審査通る キャッシング 審査 甘い カードローン 2ch 絶対借りられるカードローン 収入証明不可 自己破産 借りられるところ ヤミ金救済!キャッシングを借りる前に 自己破産融資可能 お金がないどこからも借りれない ブラック可 お金借りる 仕事 し て なく て も お金 借り れる クレジットカード 審査 甘い 極甘審査ファイナンス カードローン どこも借りれない ブラック可能 お金を借りる 消費者金融 無職でも借りられる 他社借り入れあり カードローン 絶対に借り入れ可能 お金借りる お金借りる 絶対借り入れ可能 お金をかりる 絶対借り入れ出来る ブラックok お金を借りる カードローン 激甘 即日融資 必ず借りれる 無職期間 2年 無審査キャッシング お金借りる 3万円 無職でキャッシング カードローン 即日融資 激甘審査ファイナンス 消費者金融 どこも貸してくれ ない 破産者でも借りれる金融 延滞ブラックでも借りれる 債務整理中でも融資可能 おまとめローン 無職 即日 融資 多重 お金の借り方 無職 無審査 キャッシング 無職 長期延滞融資可能 借金 絶対借りれる 働いてすぐに借り入れ お金をかりる 絶対借りれる 借り入れがあっても借りられるカードローン お金 借り れる 場所 お金借りる ブラックok ブラックで借りれる金融 消費者金融で借金しててもお金借りれるか 今どうしても必要お金借りれる金融業専業主婦 消費者金融 即日融資 ブラックok お金を借りたいけど審査が通らない ブラック 借りれない ブラックでも借りれる金融 お金 借りる 債務 消費者金融 一度でも借りると 多重債務者でも借りれる中小の貸金 ブラックok お金借りる ブラックでも借りられるカードローン お金借りたい激甘審査ファイナンス 無職期間 過ごし方 お金かりれる 審査 甘い ブラックでも借りれる お金を借りる お金 を 借り れる 所 ブラックリストでも融資してくれる所 カードローン 審査 激甘 他社から借り入れがあっても借りれる お金 借りられない キャシングカード 極甘審査ファイナンス お金を借りる 絶対借り入れ可能 絶対借り入れ出来る カードローン キャッシング無職 キャッシング 激甘 キャッシングブラック即日 キャッシング 即日振込 極甘審査ファイナンス お金借りる 絶対に借り入れ可能 絶対かりれる お金借りれる キャッシング即日 ブラックでも借りれる 簡単に借り入れ可能 サラ金 お金借りる ブラックでもok 消費者金融 メリット 無職 転職活動 辛い 絶対借り入れ可能 キャッシング即日 激甘審査 キャッシング 無職の時にすること ブラックでも通る キャッシング キャッシング審査が通らない キャッシングエニー 総量規制 どうにか し て お金 を 借りる ブラック キャッシング 可能 債務 整理 中 キャッシング ブラックでもお金を借りる方法 借り入れブラック 絶対借りれるカードローン極甘審査ファイナンス お金を借りる 絶対に借り入れ可能 ライオンズリース 2ch 専業主婦の借り入れ出来るところ 無職でも即日融資できる 審査 通らない 借金があっても借りれる ブラックでもok お金を借りる 無職 不安 絶望 どうしても50万必要 ブラックでもすぐ借りれる キャッシング ブラック 即日 絶対かりる 借りる お金借りたい 激甘審査ファイナンス 債務整理中 融資可能 即日 お金絶対借りれる 多重債務でもお金借りれる? キャッシング ブラック 可能 借金があっても借りられる カードローン 無職になったら 消費者金融 無職 キャッシング 審査 ゆるい 極甘審査ファイナンス わけありローンokのキャッシングや消費者金融はこちら お金借りる 簡単借り入れ可能 お金を借りる ブラックでも借りれる お金 借りる 審査 ゆるい 無審査 キャッシング 激甘審査ファイナンス 任意整理でも借りれる極甘審査ファイナンス 消費 者 金融 で 借りれ ない 極 甘 審査 ファイナンス 絶対借り入れ可能 ローン キャッシングエニー 審査落ち 自己破産でもお金借りれる? 借金あるけどお金借りたい 闇金以外で借りられる所 サラ金 簡単に借り入れ可能 お金貸してくれるとこ 専業主婦 他社借り入れ カードローン 審査緩い お金借りれる 派遣 登録だけ キャッシング 審査 緩い お金借りれる 他社借り入れあり 借金あっても借りれる キャッシング 即日 無職 どこからもお金が借りれない ブラックでも借りれる お金借りる 借金があっても借りれるカードローン バイト お金借りれる 絶対新さ緩い 大分 今日借りれる カードローン 極甘審査ファイナンス お金を借りる 簡単借り入れ可能 キャッシング 誰でも借りれる 50万借りれる 激甘審査 お金が借りられない 借り れる 金融 必ず借りれる消費者金融 お金かりれる 誰でも借りられる 過去自己破産専業主婦お金借りる 長期延滞絶対融資 お金借りれる 誰でもかりられる 審査緩い お金かりれる 他社借り入れ 借りれる 審査 緩い お金かりれる 審査が緩い お金かりれる 消費者金融 即日融資 無職 わけあり金融即日融資 多重債務 夜でも お金を借りたい 消費者金融 口コミ 極甘審査ファイナンス 仕事決まらない 不安 神金融 2ch 絶対に借りられる 絶対借りられるキャッシング お金借りる ブラックでも借りれる ヤミ金 借りたい お金借りる即日 無職 無職(ok) ブラック借り入れ可能 絶対借りれる金融機関 消費者金融 完済 住宅 ローン 消費者金融 無職 借り入れ 神田 街金 今すぐお金が必要無職 お金借りる 簡単に借り入れ可能 生活保護でもお金借りれる 簡単に借り入れ可能 お金借りる 破産者でも借り入れ ブラックでも確実に借りれる 審査通らない人でも借りれる どうにかしてお金を借りたい 消費者金融 無職 借りれる 多重債務者がお金を借りる方法 債務整理中でも借りられる 多重債務お金借り入れ 即日融資 無審査 お金 借りる 審査 通らない 絶対借り入れ出来るカードローン 借り入れがあっても借りられるカードローンはコチラ! 借りれる 金融会社 審査緩い 消費者金融 ほぼ借りれる 審査 甘い キャッシング 即日 キャッシング 即日融資 審査甘い 銀行 無職 即日融資 任意整理中 街金 ブラック ブラックでも融資してくれる銀行 無職 貯金 カードローン 審査 ブラックok お金借りる ブラック可 審査が緩い消費者金融 即日 キャッシング 審査 甘い 無色でも借りれる 絶対借りれるカードローン激甘審査ファイナンス 消費者金融 履歴 キャッシング絶対にかりれる 申し込みブラックでも借りれる消費者金融 消費者金融 悪い 審査ゆるい お金借りる ブラックリストでも借りられる 自己破産お金借りる 債務整理中 融資可能 お金貸してくれるところ極甘審査ファイナンス お金を借りる 延滞中 即金 審査なし ブラックok 即日融資 闇金以外 即日融資 派遣でもお金借りれるところ 誰でも借りれる即日 ブラックリスト 10万円借りたい お金借りれる 審査 緩い 無職 消費者金融 金融事故者でも融資 借りれる 金融 なんとかお金を借りたい 審査の緩い 消費者金融 仕事見つからない 焦り お金必要借りれない 借り入れ 絶対借り入れできる キャッシング ブラック 極甘審査ファイナンス キャッシング プロミス 極甘審査ファイナンス お金を借りる方法 激甘審査ファイナンス 絶対お金借りれる 絶対借りれる クレカ ブラックでもお金借りれるとこ 消費者金融 借り入れ 住宅ローン ブラックリスト 派遣 収入証明書なし 即日融資 ブラックok 即日融資 債務整理中 今日3万借りたい


無職でも借り入れできる金融【簡潔まとめ】